よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の前兆・視野狭窄

視野狭窄など、脳梗塞の前兆である視覚障害について解説。

視覚障害(二重に見える、視野が狭くなる)

視覚障害(二重に見える、視野が狭くなる)

脳梗塞は、手足の運動障害や感覚障害を起こすだけではなく、物を見て認識する視覚にも何らかの問題が生じる場合があります。視野が半分欠損してしまったり、物が二重に見えたりといった、脳梗塞の症状としての視覚障害について、特徴や注意点をまとめて解説しましょう。

視覚障害

症状と対策

脳梗塞の症状として、左右どちらか半分しか見えなくなってしまう、半盲という視覚障害が起こることがあります。これは、片目または両目で見ても、視野のどちらか半分が全く見えない状態です。

脳の中で視覚を司っているのは、大脳皮質の視覚野という部分なのですが、このあたりに脳梗塞の病変が発生すると、目で見たものを脳で認識する機能がなくなってしまうのです。

例えば、右後頭葉の視覚野で脳梗塞が起こると、左側半分の視野がなくなってしまい、逆に左後頭葉で脳梗塞が発生すれば、右側半分の視野が欠ける…というわけです。目には何ら障害がないのですが、目に入ってきた刺激を脳で感知できなくなることで、見えなくなってしまうそうです。

物が二重に見える“複視”が起こる理由

脳梗塞による視覚障害の中には、物が二重に見える複視と呼ばれる症状が出ることがあります。

これは、目を動かす筋肉へと通じる神経に障害が起こる、運動障害の一種。脳梗塞によって神経に障害が発生し、目の周りの筋肉をスムーズに動かせなくなります。本来、人間の目の周辺には目を動かす筋肉が片目に6本ずつ付いているそうですが、この筋肉をバランスよく動かすことができなくなると、左右の視線のバランスが崩れたりして、物がブレて見えるようになるのです。

神経の麻痺や運動障害が起こるのは、片方の目だけなので、どちらかの目を塞いだり閉じたりすると、ブレずに見えるようになることもあるそうです。

片側の空間を認識できない“半側空間無視”

脳梗塞の後遺症として、半側空間無視という症状があらわれることがあります。これは、視野が半分欠損してしまうだけでなく、片側に対する認識が全くできなくなるもの。

例えば、左側の空間無視がある患者さんは、左側に置いてあるものに気が付かずぶつかってしまったり、歩いていると左側が見えていないので右側ばかりに寄ってしまったり、といった特徴があります。半側空間無視の症状は、右脳に脳梗塞が起こって左半側が空間無視となるケースが多く、症状が長引きやすいそうです。

人間の脳は、右脳が左右両方の視覚情報を認識する機能を持っています。左脳に何らかの障害が起きても右脳で視覚の働きを何とかカバーできるそうですが、右脳で脳梗塞が起こると、左側を認識できなくなってしまうのだとか。目では見えているはずなのに、脳で情報を処理することができないので、左半分の空間が脳の中では無いことにされてしまうわけです。

半側空間無視と半盲の違いは、本人の自覚があるか無いかという点。半盲の場合は、視覚が半分欠落していることに気が付きますが、半側空間無視の場合は欠落していることに気が付きません。同時に、自分の身体も認識できず、感覚麻痺が伴っていることもあります。

ですから、左半側空間無視の患者さんが、左手を何かにぶつけて傷ついていても、本人が気が付かないため、ケガがひどくなってしまうケースもあるそうです。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気