よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の前兆・しびれ

しびれなど、脳梗塞の前兆である感覚障害について解説。

日常のちょっとした違和感…実はそれ、脳梗塞の前兆かも?

感覚障害(感覚がない、しびれる)

脳梗塞に伴って起こる感覚障害について、どのようなものが多いのか、特徴や注意点をまとめてみました。自分自身や家族、周囲の人にこのような麻痺が起こったら、どう対処すべきか考えておきましょう。

感覚障害

症状と対策

正座を続けていて足がしびれてしまうなど、体の一部分だけ感覚がなくなったり、しびれたりすることは日常的に起こりやすい現象です。しかし、圧迫したり血流を止めたりしていないのにもかかわらず、手足にしびれや感覚の麻痺が起こっているようなら、脳梗塞などの脳血管障害を疑ってみる必要があります。

脳梗塞の場合は、両手や両足へ同時に麻痺が起こることもありますが、片手だけ、片足だけといった片麻痺が多いのが特徴。左右の脳のどのあたりに梗塞ができたかによって、症状が現れる場所が違ってくるわけです。

片手と口が同時にしびれる症状に注意

脳梗塞の感覚や運動障害の中で、特に特徴的なものとして、片手と片側の口が同時にしびれる現象があります。これは、手の動きや感覚を司る場所と口の神経の場所が、脳の比較的近いところにあることが原因と言われています。この症状を「手口感覚症候群」と呼ぶこともあるそうです。

片側の手と口の両方が同時にしびれる、麻痺するなどの場合は、真っ先に脳梗塞を疑って、脳神経外科や神経内科などをすぐに受診する必要があります。

薄い手袋をはめたようなしびれと麻痺

脳梗塞の症状のひとつであるしびれは、正座した後のようなビリビリするものとは少し異なっているようです。

脳梗塞の場合は、急に激しくビリビリしびれるのではなく、徐々にうっすらと感覚の麻痺やしびれが起こるそう。手に薄い手袋をはめたような鈍い感覚と、じんわりとしたしびれが特徴であるとも言われています。

このような症状が顔面を含む片半身に出た場合や、手足を上手く動かせない運動障害などを伴っている場合は、脳梗塞をすでに発症していることが考えられますので、速やかに病院を受診しなければなりません。

突然のしびれや違和感は一過性脳虚血発作かも

中には、脳梗塞のような片麻痺やしびれが急に現れ、数分で消えてしまうケースもあります。これは「一過性脳虚血発作(TIA)」というもので、脳梗塞の前兆と呼ばれる症状です。

片側の手や口にうっすらとしたしびれが出たり、手足の感覚に違和感があったりしても、数分で何ともなくなったら「大丈夫かな」と思ってしまうものです。症状がすぐになくなってしまうので油断しがちですが、この一過性脳虚血発作を起こした場合は、かなり高い確率で脳梗塞へと移行することが知られています。

2割程度は3ヶ月以内に、5割は数日以内に脳梗塞になるとも言われている危険な状態なのです。特に48時間以内が最も危ないとされているので、一刻も早く病院へ行くことをおすすめします。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気