よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の前兆・言語障害

舌がもつれるなど、脳梗塞の前兆である言語障害について解説。

日常のちょっとした違和感…実はそれ、脳梗塞の前兆かも?

言語障害(二重に見える、視野が狭くなる)

脳梗塞の前兆として現れる障害の中には、言葉に関する症状が出るケースも確認されています。言語を理解する機能は、言葉を話すだけでなく、聞く、読む、書くなどいくつかに分かれていて、言語障害にも程度や種類が様々あります。言語障害のパターンについて、代表的なものを紹介しましょう。

視覚障害

症状と対策

言葉を口に出すとき、舌や喉、唇、口蓋など発声に関連する器官がタイミングよく連動して、初めてスムーズに話すことができます。しかし、大脳や小脳に脳梗塞が起こって発声を司る機能が低下すると、なめらかに話すための調節機能に問題が生じてしまいます。

ろれつが回らなくなって、普段は早口の人でも早く話せなくなったり、ハッキリと言葉を発音できなくなったりすることがあるのです。特に、パピプぺポやラリルレロなど、口や舌の動きが複雑な言葉をハッキリ発音できないケースが多いと言われています。

これは、医学的には構音障害と呼ばれるもので、発声に関わる口周辺や喉の神経と筋肉の働きが麻痺している状態。口周辺の運動障害のひとつと考えられ、言葉の内容そのものには、特に問題ありません。

話が理解できない、意味不明な言葉が出る…感覚性失語

左脳の外側にある大脳の部分には、言葉の理解や暗記、思考などを司っている、言語領域と呼ばれる部分があります。脳梗塞の病巣が言語領域にできてしまうと、言葉を上手く使うことができなくなる場合があるそうです。これを広義で失語症と呼ぶことがあります。

“言葉を使う”という行為は、単純に言葉を話すだけではなく、聞いたり読んだり、書いたりということも含まれます。言語領域のどの部分に病気が発生したのかによって、失語症の内容は微妙に異なってくるようです。

例えば、左脳の比較的後ろの方で脳梗塞が発症すると、発声はなめらかに行えるものの、言い間違えや誤った言葉、意味不明な言葉が出てしまう、感覚性失語というタイプの失語症となります。感覚性失語の場合は、言葉を話すことだけではなく、聞いたり読んだりして理解することも難しいと言われているそうです。

感覚性失語の場合は、突如として意味不明な発言が口から出てくるので、周囲の人はすぐに異変に気が付きます。

名詞が上手く出てこない…健忘失語

左脳の比較的前の方に病巣が発生した場合は、特定の名詞などが出にくくなる、健忘失語という症状になりやすいそうです。これは、言葉の意味や使い方はしっかり理解できているのに、いざ発言しようとするとその単語だけがなかなか出てこない…という状態。

例えば、『携帯電話』という単語が出にくいために、「あの、いつも話すときに使う…、ほら、あなたがいつもポケットに入れてるやつよ」といった具合に、回りくどい話し方になってしまうものです。

物忘れと似ているのですが、普段はそれほど物忘れがひどくなかったのに突然起こった場合や、あまりにも頻繁に言葉を忘れるなと感じたら、脳梗塞などの脳血管障害を疑った方がいいかもしれません。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気