よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

薬物療法 | 脳梗塞の治療法

脳梗塞の薬物療法について解説しています。

脳梗塞の治療法について やさしく解説

薬物療法

脳梗塞と診断されたら、よほど緊急の場合などは外科手術が適用されますが、大概は薬剤を点滴で投与にする方法などで治療が行われます。脳梗塞の治療は、症状が表れてからの時間経過によって投与される薬剤の内容が変わるそうです。ここでは、脳梗塞の薬物療法に使用される薬剤について時間経過ごとにまとめて紹介します。

症状と対策

脳梗塞を発症した直後の治療は、梗塞の進行を食い止め、血流が滞って機能低下を起こしてしまった細胞をどれだけ再生させられるか、がポイント。そのため発生直後の急性期は、血管を詰らせている血栓を溶かすための薬剤が投与されます。こうして早い段階で血流を再開させ、脳のダメージを最小限でとどめることが急性期の治療の目的となるのです。
梗塞の進行を食い止めて急性期がひと段落つくと、今度は再び梗塞が起こらないようにする再発予防が治療のテーマとして変わってきます。抗血小板薬などを用いて血液を固まりにくくし、血栓を作らないようにする治療が行われるわけです。
このように、脳梗塞の治療は急性期とその後の再発予防とに分けられ、時期によって使われる薬剤の内容なども異なってきます。発症からの時間や脳の状態を見ながら、医師が治療法と使用する薬剤を適宜選択して行われるのです。

急性期の治療に使用される薬剤

脳梗塞の発症直後に行われる治療として代表的なものは、「tPA(組織プラスミノーゲンアクチベーター)」と呼ばれるもので、血栓を溶かして血流を再開させるための薬剤を投与するものです。発症から3時間以内と極めて早期にのみ適用となる方法ですが、血管の詰りを溶かす薬剤としてはかなり高い効果が期待できるそうです。

このtPAは、2005年から保険適用された新しい治療法で、早い段階では高い治療効果を上げていますが、発症から時間が経った場合は血管がもろくなっていることもあり、薬剤の投与によって脳出血を起こす可能性もあります。医師の慎重な判断が必要となる治療法です。

そのほか、病変が1.5㎝を超す大きなアテローム血栓性脳梗塞が発症した場合、発症から48時間以内に抗凝固剤を投与することがあるそう。さらに、発症から5日以内に、血小板の血液凝固機能を抑える抗血小板療法が行なわれることもあります。

再発予防や慢性期に使用される薬剤

急性期が過ぎて慢性期に入ると、血栓を作らせない再発予防の薬剤が投与されます。

例えば、アテローム血栓性脳梗塞やラクナ梗塞の場合、アスピリンなど血小板の働きを抑える薬剤で血栓予防を行います。アスピリンは、鎮痛剤として一般的に用いられていますが、鎮痛目的で処方されるものとは使用量や薬のタイプが異なりますので、自己判断で用いることはせず、医師の診断に基づいて服用する必要があります。

ほかにも、不整脈などの心疾患が原因で起こる脳梗塞には、心臓で血液が固まらないようにするワーファリンなどの抗凝固薬が用いられる場合もあるそうです。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気