よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

外科手術 | 脳梗塞の治療法

脳梗塞の外科手術について解説しています。

脳梗塞の治療法についてやさしく解説

外科手術

脳梗塞の治療として行われる外科手術について、主な3つの種類の特徴や適用されるケースについて解説します。

外科手術

症状と対策

最近の脳梗塞に対する治療の主流となっているのは薬剤投与です。その理由は、脳梗塞の発生箇所にあります。脳梗塞のほとんどは、脳内部にある微細な血管で起こるので、外科手術によって開通させ、血流を再開させることが困難なのです。
頭蓋骨を開いて脳の内部にある血管を傷つけずに取り出し、詰りを取り除く手術は、技術的に可能になったとしてもリスクが高いだけでなく、患者の体にとって大きな負担となってしまいます。
ですから、脳梗塞で外科治療が適用となるのは、頸動脈や頭蓋内の大動脈などのかなり太い血管に動脈硬化が見られる場合など、ごく一部のケースに限られます。
しかも、脳梗塞を発症してから緊急で手術が行われることはほとんどなく、梗塞を発症する前に危険な狭窄部分が見つかり、予防措置的に動脈硬化を取り除く手術が行われるケースが多いそうです。
頸動脈などの閉塞や狭窄部分の血流を再開させるために行われる外科手術はいくつかの種類がありますので、代表的な3種類をご紹介しましょう。

脳梗塞の外科治療「バイパス手術」とは

バイパス手術は、血流が滞っている血管に頭皮の血管をつないで、頭皮から血流を脳へ届ける方法です。主に、頭蓋内内頚動脈や中大脳動脈など、太い主要動脈の閉塞や狭窄が起こっていて、近いうちに脳梗塞を引き起こすだろうと考えられるケースで行われます。

このような状態を、頭蓋内動脈狭窄と言いますが、血管の詰りがそれほどひどくない場合やこれまでに同じ病気を起こしたことがない場合などは、そのまま経過観察になることもあります。しかし、何度も狭窄を起こしている人や、すでに閉塞状態にある場合などは、規模の大きな脳梗塞へ移行する可能性が高いとしてバイパス手術を行うことがあります。

手術は全身麻酔で行われ、頭皮の血管を皮膚からはがした後に開頭し、詰りのある動脈と縫合してバイパスを作ります。

この手術は、中大脳動脈など脳の表面にある大きな血管に狭窄や閉塞が起こった場合のみ、限定的に行われる手術です。また、もやもや病のような脳動脈の閉塞による疾患では、症状の悪化や脳卒中の発症を未然に防ぐために、バイパス術を選択することもあるそうです。

脳梗塞の外科治療「頸動脈内膜切除術」とは

首の横を流れる頸動脈は、あごの下のあたりで枝分かれし、内頸動脈は脳へ、外頸動脈は全身へと血液を送ります。その分岐点あたりで血流が変わるので、血液中の脂質が血管内部にたまりやすく、動脈硬化を起こしやすいポイントとなっているそう。

脳へ続く内頸動脈に脂質が溜まっている場合は、脳にも脂質が流れて血管が詰まってしまうことが多く、一過性脳虚血発作を起こすことがあります。内頸動脈の狭窄が70%以上と大きい場合や、何度も発作を繰り返す場合などは、頸動脈とその周辺を切開して汚れを取り除く手術が行われるケースがあるそうです。これを頸動脈内膜切除術といいます。

あごの下あたりを切開し、内頸動脈をむき出しにしたら血流を一時的に止めて動脈を切り開き、血管の中にたまった脂質を慎重にはがして取り除きます。脳への影響を考え、手術はほぼ30分以内に終わるそうです。

脳梗塞の外科治療「カテーテル・ステント留置術」とは

脳梗塞を発症した直後の治療として最も多く選択されるのは、tPA療法という血栓を溶解させる薬剤の投与なのですが、tPAを行なえない状況や、tPAを行っても効果がない場合などは、血管内にカテーテルと言われる管を入れ、ステントという網状の筒を留置する血管内治療を行うことがあるそうです。

血管内治療は、足の付け根の動脈などからカテーテルを入れ、脳の詰まった部分の血管へ運んで血管を広げ、広がった状態をキープするためにステントを留置するものです。開頭せずに治療できるメリットはありますが、いまだ確立された技術ではないので、危険やリスクも伴います。

脳梗塞発症後だけでなく、頸動脈狭窄症や脳動脈奇形などで、血管に狭窄や閉塞が起きているケースで、脳梗塞を未然に防ぐ方法として行われることもあります。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気