よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

心原性脳塞栓症の症状

心原性脳梗塞の症状・原因・治療法について解説。

知っておきたい 脳梗塞の種類とその症状

基礎知識心原性脳塞栓症

脳梗塞のひとつである心原性脳塞栓症について、発症するメカニズムと主な原因、症状の特徴、治療法などについてまとめて解説しています。

心疾患が原因で起こる脳梗塞

心原性脳塞栓症は、脳梗塞であるのにもかかわらず心臓の病気に原因があるタイプ。首から脳へつながる頸動脈を通って、脳の比較的太い血管に血栓が詰まってしまうことで発生する脳梗塞です。脳梗塞の15%から20%はこのタイプであると言われています。

原因となる心疾患として最も多いケースとして5割を占めるのが、心房細動と呼ばれる不整脈の一種。不整脈によってリズムよく血液を送り出せない心臓では、どうしても心室内で血流が滞って血の固まりができやすくなり、血栓を作ってしまいます。ほかにも、急性心筋梗塞や心臓弁膜症などで人工弁が入っている方など、血流に障害が起こる心疾患で血栓ができやすいそう。

こうしてできた血栓が血流に乗って移動し、脳の動脈に詰まってしまって起こるのが心原性脳塞栓症です。

心臓から大きな血栓が飛んでくる!?

心臓でできる血栓は比較的大きいため、血流に乗って頸動脈を通り、脳に入ると太い動脈で詰まってしまいます。太い血管が詰まるということは、その先の広い範囲の細胞に梗塞が起きてしまうことを意味します。そういった経緯から、心原性脳塞栓症では、比較的大きな病変ができやすく、症状もひどくなってしまうケースが多いという特徴があります。

さらに、心臓でできた血栓が瞬時に脳へ移動し突如として血管を詰まらせるので、症状や発作が起こるのも急激。文字通り、心臓から脳へ血栓が飛んできて、突然ひどい脳梗塞を起こしてしまうわけです。

日中に突然起こる麻痺や意識障害に注意

なにしろ、心原性脳塞栓症の発作は急に起こります。日中の活動中に突然意識を失ったり、四肢の麻痺、しびれなどに襲われて倒れたりするというケースが多く、心原性脳塞栓症の8割から9割は突発的に症状が起こると言われているほど。

さらに、突然血栓が詰まって発作を起こし、数時間後に血栓が自然に溶けて血流が再開したとたんに、今度は出血性脳梗塞を発症してしまう、急性期再発を合併こともあるのです。

梗塞を起こした場所によって症状は異なりますが、多くは半身麻痺や失語、半盲や失認など、比較的重篤な症状が複数出てしまうケースが多いようです。

心原性脳塞栓症の治療は危険度を見て選択する

このタイプの脳梗塞は、病変が広範囲に及んでいるため、急激に再発したり、出血性の脳梗塞へ移行したりと容体が変わりやすいという特徴があります。病変部の大きさをCTなどで確認し、治療の方針を決定するそうです。

梗塞部分が大きくなければ6時間以内に血栓溶解療法が行なわれ、抗凝固剤の投与を行います。病変部が大きいときは脳にむくみが生じる危険があり、抗脳浮腫薬を投与することもあるそうです。状態が落ち着いてきたら経口の抗凝固薬に切り替え、脳への血流の回復を見ながらコントロールしていきます。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気