よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

ラクナ脳梗塞の症状

ラクナ脳梗塞の症状・原因・治療法について解説。

知っておきたい 脳梗塞の種類とその症状

基礎知識ラクナ脳梗塞

いくつかある脳梗塞のタイプの中で、日本人に最も多いとされているラクナ梗塞。発症してしまう原因や病気の特徴、症状や治療法について解説していきます。

細い動脈が詰まって起こる小さな脳梗塞

脳の比較的奥の方にある細い動脈が何らかの理由で詰まり、1.5㎝以下の小さな脳梗塞ができてしまったものを、ラクナ梗塞と言います。日本での患者数が多いことでも知られていて、脳梗塞の約35%がこのラクナ梗塞であるとも言われているそうです。かつては脳梗塞と言えばこのラクナ梗塞のことを指すほどに圧倒的に患者数が多く、細い血管に栓をしてしまうことから「脳血栓」と呼ばれることもありました。

最近は食生活の変化に伴ってアテローム血栓性の脳梗塞が増えているので、患者数の差は以前ほどなくなりつつあるそうですが、日本人が元々持つ体質のせいで細い血管が動脈硬化になりやすい傾向にあることから、ラクナ梗塞には十分に注意する必要があります。

動脈が詰まる原因は…高血圧

ラクナ梗塞を発症させる血栓は、主に高血圧が原因となってできるそうです。

血圧が高いと、血流量が多くなり血管の内側に強い圧力がかかります。長期間にわたって高血圧の状態が続くと、血管の内側が傷ついて、硬くボロボロに崩れやすくなるので、動脈硬化につながってしまいます。血管の内側の壁が崩れて固まり、栓ができてしまうと、いよいよ血流が滞って小さなラクナ梗塞を発症することになります。

症状が出ない!?隠れ脳梗塞もある

ラクナ梗塞は1.5㎝以下の小さな病変ができる疾患。大きな病変となってしまうほかの脳梗塞と違って、意識障害など激しい発作が起こる確率は低いと言われています。手足の軽い麻痺やしびれなどの感覚障害が症状の中心です。

ラクナ梗塞の場合、急激にしびれや麻痺がひどくなるというよりは、徐々にしびれが強くなっていた、という症状の人が多いよう。朝起きたら手足のしびれや話しにくさが出ていた、というケースが多いとも言われています。

中には、全く症状が表れない「無症候性脳梗塞」というものもあります。いわゆる“隠れ脳梗塞”と呼ばれるもので、無症状の方のほとんどは、糖尿病や高血圧などの持病を持つ高齢者。直径5ミリ以下くらいの小さな病変が発生していますが、何の症状も出ないまま同じような病変があちこちにでき「多発性脳梗塞」へと進行してしまう場合もあります。

ラクナ梗塞の治療法は抗血小板薬の投与

ラクナ梗塞と診断された場合は、すぐにオザグレルナトリウムなどの薬剤が投与されます。この薬には、血小板が集まるのを抑制し、血液が固まりにくくする作用があるそう。さらに、手や足の運動麻痺がある場合は、症状の改善が期待できるので、ラクナ梗塞やアテローム血栓性脳梗塞の急性期の治療としてよく行われる方法です。

治療後の再発予防策のひとつとして、風邪薬としても知られるアスピリンがあります。アスピリンには、血液凝固を防ぐ効果があることから、ラクナ梗塞の再発予防のほか、一過性脳虚血発作の後にも使われることがあります。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気