よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の再発率を学ぶ

気になる脳梗塞の再発率をまとめました。

生活習慣病 脳梗塞に関する基礎知識

基礎知識再発率はどれくらい?

脳梗塞を一度発症すると、治療後もまた同じ病気を再発する可能性は高いのでしょうか。脳梗塞や脳出血など、脳血管障害の再発率について解説していきます。

脳梗塞は再発の注意が必要な病気

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害は、発症して治療やリハビリを行った後に、再び症状が出てしまう、いわゆる再発するリスクが高いとされている疾患です。

遺伝的に脳血管に問題が生じやすい体質の方や、生活習慣や食生活に問題がある人は、一か所の病巣を治療したところで、脳の中の別の血管が詰まったり破裂したりしてしまう可能性が高いというわけです。

遺伝的な要素によって発症しやすいとされているくも膜下出血の場合は特に再発率が高く、治療後1年以内の再発が30%、5年以内で50%以上が再発したというデータも残っています。次いで再発率が高い脳出血は、1年以内の再発が約25%、5年以内の再発は約35%と言われています。

脳梗塞は10年以内の再発率が約50%にも

脳卒中と呼ばれる脳血管障害の中で、最も罹患数が多い脳梗塞の場合は、母体数が多いこともあってほかの疾患に比べて再発率は低めになりますが、それでも1年以内の再発が約10%、5年以内で約35%となっています。

脳卒中を罹患した人を30年以上追跡調査したデータでは、初発後10年間の累積再発率は、くも膜下出血が70%、脳出血が55%となっていて、一番再発が少ないとされる脳梗塞でさえ約50%という高い数字が出ています。約半数の人は、1度でも脳梗塞を起こすと何度か繰り返す傾向にあるというわけです。

脳梗塞を起こした病巣の治療が終了しても、脳梗塞を発症する原因となる生活習慣や食事内容の改善が行なわれなければ、再び脳梗塞を起こしてしまうことが多いようです。

一番効果的な方法は?脳梗塞の再発予防の方法をチェックする

脳梗塞でも種類によって再発率が違う

脳梗塞はタイプによっても再発率が異なります。主な脳梗塞のタイプで比べてみましょう。

【ラクナ梗塞】

主に高血圧が原因と言われ、日本人に最も多いとされる脳梗塞。ラクナ梗塞の場合は1年以内の再発率は約7%。5年以内では約30%となっています。10年以内では約47%にまで上がるので、年齢が高ければ高いほど再発率は高くなる傾向にあるようです。

【アテローム血栓性脳梗塞】

動脈にアテロームと呼ばれる血栓ができることで起こる脳梗塞で、生活習慣が原因となることが多いため、再発率も高い傾向にあります。1年以内の再発率が15%前後、5年以内では40%以上の再発率となってしまいます。アテローム型に関しても、年齢が高くなればなるほど再発率も上がってしまう特徴があります。

【心原性脳塞栓症】

不整脈などの心疾患を原因とする脳梗塞で、1年以内の再発率は20%と、最も再発率が高いタイプ。原因となる心疾患が改善されないと脳梗塞のリスクも高いままなので、年齢に関係なく再発率が高くなってしまうようです。5年以内の再発率は42%前後ですが、10年以内では75%が再発すると言われています。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気