よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞再発予防にツボ押し

これでコワくない! 脳梗塞の予防&治療の最前線

血液をサラサラにするには?脳梗塞の再発予防

ツボ

人体に数100もあるツボは、脳梗塞の再発予防に役立つと言われています。脳梗塞の再発予防に役立つツボの種類、効果的なツボ押しの方法や注意点、ツボ押し以外に心がけたい対策などを紹介いたします。

 

ツボが脳梗塞の再発予防につながる理由

人体には、365ものツボがあり、経絡と呼ばれるツボを結ぶ道でつながっているとされています。経絡には常に気がめぐり、全身を健康に保つエネルギーを送っているため、気の流れが良ければ健康を保つことができると考えられています。気の流れを整えるために経絡のポイントとなるツボを刺激するというのが、ツボ押しの基本的な考え方です。

脳梗塞の原因は脳血管に血栓ができることですから、血液の循環をよくしてサラサラの状態にすることが、脳梗塞の再発予防につながります。ツボは、内蔵や器官、皮膚の連絡窓口でもあるため、体のどこかに不調が出てくると、経絡を伝ってツボに何らかの影響が現れます。コリや痛みで不調のサインを感じたときに、すかさずツボを刺激すれば、血流や経絡の働きが改善し、不調の改善効果が期待できます。毎日ツボ押しをすることで、体のサインを聞き逃さずに済むようになり、脳梗塞の再発リスクにも敏感になれるでしょう。

ツボの具体例

脳梗塞の再発予防には、血行を促して血流を改善することが重要です。血行促進効果のあるツボはいくつか知られています。なかでも代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

 

・風池(ふうち)
首と頭の境目にある、後ろ部分の左右に位置しているツボです。軽く押さえながら探すと、大きくへこんでいる部分があります。押すと若干の痛みと気持ちよさと感じるため、すぐにわかるでしょう。風池を推すときは、両方の親指でツボを押し込むようにすると効果的です。

・肩井(けんせい)
肌に沿って、乳頭から真上に手を上げていくと、肩の一番高い部分に、押すと刺激を感じる場所があります。そこが肩井です。全身の血行を改善してくれると言われています。

・合谷(ごうこく)
万能のツボとも呼ばれるツボで、肩コリやストレスなどにも効果があるとして知られています。合谷の場所は、手の親指と人差し指の骨がぶつかる部分より、少しだけ人差し指寄りにあるへこんだ部分です。

・湧泉(ゆうせん)
首のコリをほぐしたり、頭の血行を改善したりするために効果的なツボです。足裏をたてに3分割したとき、上から3分の1あたりの部分が湧泉です。わかりづらい方は、足でグーを作り、足裏で最もへこんでいる場所を探しましょう。

ツボ押しの方法と注意点

・ツボ押しの方法
ツボ押しの方法には、いくつかのコツがあります。まず、押したいツボの見つけ方ですが、実際に体を押してみて、軽い痛みと共に「気持ちがいい」と感じる部分があったら、そこがツボです。ツボ押しをするときの力加減は、痛いながらも気持ちがいいと感じる程度をキープしましょう。1、2、3、4と数えながら息を吐きつつツボを押し、5、6、7、8で息を吸いながら手を放すまでが1セットです。1ヶ所のツボにつき、この動作を5~10回繰り返すとよいでしょう。

・ツボ押しの注意点
ツボ押しは気が向いたときに気軽に行えますが、食後や飲酒後は控えるようにしてください。血流が高まり過ぎてしまう恐れがあるためです。心臓や腎臓を患っている人の場合は、ツボ押しが命に関わる危険性もあります。怪我をしているときや感染症にかかっているときはもちろんのこと、体調が悪いときや疲れがたまっているときも危険です。また、各器官が未発達な子供や妊娠中の方、高齢の方に対しては、強く押しすぎず、刺激を抑えて行うようにしてください。

ツボ押しの効果を高める方法

・小道具を使う
ツボ押しは指でも十分に行えますが、さらに効果を高めるために小道具を使用する方法もあります。例えば、足裏を転がしたりするのに便利なのは、ゴルフボールです。絶妙な突起も付いていて、コロコロ転がしているだけでも気持ちがいいです。それ以外に、つまようじの頭の部分やフタをしたボールペンの先などを使うのもよいでしょう。

押すのとはまた違った刺激を得られるのが、たわしです。皮膚がほんのりと色づく程度にこするのがコツで、決して強くこすってはいけません。また、ツボ押しと同時にドライヤーをあてて、温熱効果をねらうのも手です。歯ブラシや洗濯ばさみ、ボタンなども、ツボ押し効果を高めるのに役立ちます。

・お灸
ツボを刺激するには、お灸を用いる方法もあります。お灸は、熱によってツボに刺激を与えるための技術です。熱そうで不安という方は、間接灸というもぐさの下に台座を置いたタイプを使用すると、熱さがマイルドになります。とはいえ、長時間使用すると火傷の原因にもなるため、資格を持った鍼灸師の施術を受けると安心です。

ツボだけでは完全な予防は難しい

ツボは脳梗塞の再発予防に役立つ一つの対策ですが、ツボ押しだけで完全な予防をすることは困難です。脳梗塞の再発予防としては、薬による治療や外科手術という方法もありますが、基本的には生活習慣の見直しが重要とされています。脳梗塞の原因をつくる生活習慣病は、患者さん本人や家族の心がけで改善が可能です。塩分や脂肪分を控え、栄養バランスに気を付けた食事で高血圧や脂質異常症の対策をするほか、食物繊維や大豆製品など、動脈硬化の改善に効果が期待できる食品を積極的に取り入れるようにしてください。

とはいっても、忙しい毎日で、毎食の栄養バランスにこだわるのは難しいときもあるでしょう。栄養が不足していると思ったときには、サプリメントを活用するのも一つの方法です。ただし、サプリメントは、あくまでも食事の栄養補助のために活用できる健康食品です。基本的な栄養は、食事で摂取するように心がけましょう。

食事以外にも、水分を十分にとることが、脳梗塞の再発予防には重要です。水分不足から血液ドロドロの血栓ができやすい状態になり、脳梗塞のリスクを高めてしまう可能性があります。特に高齢の方は、のどが渇いていないと感じても、こまめな水分補給をしておくことをおすすめします。適度な運動を続けること、睡眠をしっかりとることも、日々気を付けておきたい脳梗塞の再発予防対策です。これらとあわせてツボ押しを利用することで、予防効果を高めることができるでしょう。

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気