よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞とナットウキナーゼ

ナットウキナーゼの脳梗塞への働きを解説しています。

血液をサラサラにするには?脳梗塞の再発予防

ナットウキナーゼ

日本の伝統的な食材、納豆に含まれているナットウキナーゼという成分が、血栓や高血圧を予防するとして注目されています。その効果のしくみや特徴、効果的な摂取方法などについて解説します。

納豆

ナットウキナーゼはタンパク質分解酵素

納豆は、煮た大豆を納豆菌で醗酵させることによって作られ、日本では古来から親しまれている発酵食品です。

納豆を作る納豆菌は、同時にいくつかのタンパク質を分解する酵素も作り出しています。そのひとつがナットウキナーゼです。この酵素は1980年代に発見されたもので、血管にできた血栓を溶かす酵素を研究している研究機関が、納豆のネバネバから偶然発見しナットウキナーゼと命名したそうです。

血栓を溶かす効果の高い酵素

ちょっと転んで膝を擦りむいたと仮定しましょう。ケガをした直後は、膝の傷から出血してしまいますが、放っておくと表面がすぐに固まって出血は止まります。このように、人間には血液を血小板によって固めることで傷を修復するシステムがあります。体の表面の傷だけではなく、血管内部でも同じことが行なわれています。

血管が傷ついて外へ血液が流れ出ると、その傷口へ血小板が集まってきてくっつき、傷を修復しようとします。修復箇所は一時的にこんもり盛り上がり、血流が滞る血栓となってしまいますが、血液中には血栓を溶かす酵素も含まれているので、傷の修復が終わると血栓は溶かされてなくなり、元通りの血流に戻ります。

しかし、血液中にコレステロールや中性脂肪が多い、いわゆる“ドロドロ血”だと、血栓を溶かす酵素がよく働かないため、逆に血栓がどんどん大きくなってしまうそう。これが血管の詰りとなり、脳梗塞の原因となってしまうわけです。

そこで、ナットウキナーゼをたくさん摂取していると、血栓を溶かす効果によって血管の詰りを改善することができます。ナットウキナーゼには、直接血栓を溶かす働きがあると同時に、血栓を溶かすためのウロキナーゼという酵素を活発にする働きもあるそうで、元々私たちの体にある血栓を溶かす酵素を作り出す作用も期待できます。

血液サラサラ効果で高血圧も予防

ナットウキナーゼによって血液がサラサラになると、圧力をかけなくてもスムーズに血液が流れるので、高血圧を改善することができます。血管の内壁にかかる圧力が下がると血管にかかる負担を減らすことができ、血管内部の劣化を防ぐことができます。つまり、動脈硬化を予防することも可能なのです。

納豆は朝よりも夜食べる方が効果的

一般的に脳梗塞や心筋梗塞など虚血性の血管疾患が起きやすいのは、夜から朝にかけてだと言われています。なぜなら、就寝中は血液中の水分量が不足しやすくドロドロ血になりやすいからです。

ということは、ナットウキナーゼを摂取するなら夜寝る前が一番効果的であると言えるでしょう。納豆は朝食に食べる、という方が多いかもしれませんが、夕食時に食べた方がよりナットウキナーゼの効果が得られやすいと考えられます。

また、納豆をそのまま食べるだけでも良いのですが、効率よく摂取したいという人は、ナットウキナーゼだけを摂取できるサプリメントも販売されているので、そちらを検討してみてもよいでしょう。

ナットウキナーゼ

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気