よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞とDHA・EPA

DHA・EPAの脳梗塞への働きを解説しています。

血液をサラサラにするには?脳梗塞の再発予防

DHA・EPA

頭が良くなる成分として知られるDHAやEPAは、脳梗塞の予防に効果があるとされています。これらの成分にはどんな作用があるのか、どうやって摂取するのが良いのかなど、情報をまとめて紹介します。

魚

DHAやEPAはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という言葉は、サプリメントなどに含まれる栄養成分として、よく耳にすることでしょう。一時は頭が良くなる成分として脚光を浴び、これらが多く含まれるとされる青魚をたくさん食べよう!とブームになりました。

このDHAやEPAですが、なぜ“頭が良くなる=脳を活性化させる”のかご存知ですか?

DHAやEPAは、脂肪酸と呼ばれる脂質の一種で、特に多価不飽和脂肪酸と分類されています。多価不飽和酸には、エゴマ油やシソ油などのαリノレン酸が含まれるオメガ3系と、コーン油などのリノール酸が含まれるオメガ6系とに分けられるそうで、DHAとEPAはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸です。

オメガ3系もオメガ6系も、どちらとも全身あらゆる場所の細胞膜を作る材料として使われるそうですが、特に脳の神経細胞ではオメガ3系の脂肪酸が必要となるそうです。脳の神経細胞を作り出すにはオメガ3系の脂肪酸であるDHAやEPAが不可欠なのです。

脳へ入れる唯一の脂肪酸がDHA

脳は循環している血液に含まれる有害物質から脳を守るため、脳の細胞内に入ることができる物質を制限しています。これを血液脳関門と言いますが、DHAはこの関門を通過できる唯一の脂肪酸だと言われているのです。

脳を分析すると、海馬という記憶や学習能力に関係する器官にDHAが多く含まれていることが分かるそう。積極的にDHAを摂取することで、脳の機能を活性化させ、学習能力や記憶力をアップさせることができるわけです。大豆や海藻、キノコなどをバランスよく摂り入れる食事が基本です。昔ながらの和食は、私たちの体質にも合っていますし、動脈硬化や脳梗塞を予防する意味でもベストな食事であると言えますね。

さらに、コレステロールを下げる作用があるとされる成分を積極的に摂取することもおすすめです。以下に、サラサラ血に効果が高いと言われている成分をまとめてみました。

血液をサラサラに整える成分

DHAやEPAの注目すべき効果はそれだけではありません。

DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、脂質の中でも固まりにくい性質を持っていることで知られています。DHAが体内に入り細胞膜へ取り込まれると、固まりにくい性質があるために細胞膜の流動性が増すと言われています。つまり、脳細胞や血管細胞がしなやかになり、より効果的に機能するようになるということ。

血管の細胞がしなやかになると、赤血球が柔らかくなって血液がサラサラになるそうです。

血流が促進されると、動脈硬化や血栓の予防になりますし、悪玉コレステロールや中性脂肪の値を下げる効果もあります。ひいては、脳梗塞などの疾患の予防にもなるというわけです。

DHAやEPAは青魚に含まれる

DHAやEPAは青魚の脂に多く含まれています。特にDHAは魚類にしか含まれていない特殊な脂肪酸です。1日に必要なDHAの摂取量は1,000~2,000mgと言われていますが、サンマ1匹、アジの開き1品、イワシ1匹で約1,000㎎のDHAが摂取できるそうです。

これらの食品は、食事で容易に摂取できるものではありますが、毎日平均して2,000mg摂取するとなると、なかなか難しいものです。そこで、お魚メニューを毎日継続することが難しい人は、サプリメントを利用するのも良い方法です。

DHAやEPAはブームになったこともあり、様々な種類のサプリが販売されていますが、選ぶときに注意すべきは摂取量です。生活習慣病を予防するなどの目的がある場合は、1日に1,000㎎程度をサプリメントから摂るべきだと考えられますが、1日分の目安量を飲んでも100㎎程度にしかならない商品もあります。

価格や飲みやすさを検討するとともに、摂取量にも注意してサプリメントを選びましょう。

DHA・EPA

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気