よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の再発を予防するために

これでコワくない! 脳梗塞の予防&治療の最前線

脳梗塞の再発予防

すぐには変えられない生活習慣が脳梗塞の再発を呼ぶ

ナースのイラスト

脳梗塞は早期治療により症状を改善することができます。しかし、ここで完治したと思い安心するのは危険です。血栓が生じた原因が生活習慣にある場合は、再発してしまう可能性が高いためです。完治した人の20~30%が3年以内に再発するというデータもあります。また、再発するたびに脳梗塞の症状は重度になるといわれています。

再発予防には血液をサラサラ
にする必要がある?

血液サラサラが脳梗塞予防につながる?動脈硬化と脳梗塞の関係性

考える女性のイラスト

脳梗塞予防において、血液をサラサラにすることが重要だという話は、誰しもが耳にしたことがあるのではないでしょうか。では、なぜ脳梗塞にとって血液サラサラの状態が良いとされているのでしょう。

そこには、脳梗塞を発症させる血栓と動脈硬化の関係、そして動脈硬化を悪化させる活性酸素が深く関係していました。

動脈硬化がつくりだす血栓が脳梗塞を引き起こす

脳梗塞の主な原因となる血栓は、「動脈硬化」で血管が詰まることで作り出されます。動脈硬化とは、傷ついた血管の修復を重ねるたびに、血管が硬く厚くなってしまう状態のこと。高血圧、糖尿病、脂質異常などは、動脈硬化を引き起こす代表的な病気とされています。

いずれも血流が悪くなるといわれる生活習慣病であるため、血液をサラサラに保つことが重要となるのです。

動脈硬化の原因はLDLコレステロールではない? 

これまで、動脈硬化の原因は悪玉コレステロール(LDLコレステロール)自体にあると考えられてきました。しかし、近年の研究では、「活性酸素」によって酸化した変性LDLコレステロールが、動脈硬化の原因であるということが分かっています。

つまり、LDLコレステロールが危険因子であることには変わりありませんが、直接的な原因は「活性酸素」にあるということなのです。

活性酸素が生み出すTNF-αが動脈硬化の要因に

活性酸素によって酸化されたLDLコレステロールからは、「TNF-α」と呼ばれる強力な炎症因子が産生されます。

このTNF-αは、血管内皮細胞を異常増殖させ、血管を遮断することで動脈硬化を引き起こすのです。これこそが動脈硬化を引き起こす、メカニズムとなっているのです。

もっとも注意すべきはLDLコレステロールを酸化させる「活性酸素」そして「TNF-α」。動脈硬化を防ぐためには、これらに対策を打つことが効果的であるということは、今や常識となっています。

再発予防との向き合い方

不安な毎日を乗り越える

ナース

先輩方がどのように向き合ってきたのか

医師からも「再発の可能性が高い」と言われ、毎日不安不安でたまらないのが現実。調べれば調べるほど、再発が怖くなり、ますます心配になっていくばかりです。

そんな時、1人で抱え込まず、同じ境遇に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

注目すべき脳梗塞の再発予防成分
「大豆発酵エキスNT」とは

脳梗塞の原因となる動脈硬化を効果的に防ぐ

ナースのイラスト

大豆発酵エキスとは、高い抗酸化力を持つ健康成分のことです。食物が発酵をおこなう過程で、抗酸化成分が生成されることに着目し、その研究は約20年さまざまな食材を対象に続けられました。

中でも、もっとも高い抗酸化力であった成分が、大豆と特殊な種類の納豆菌によって発酵された、大豆発酵エキスだったのです。他の食材が持つ抗酸化力とは一線を画していることは、各研究により実証されています。

活性酸素とTNF-αを効果的に除去する

大豆発酵エキスが他の成分よりも優れているのは、その抗酸化力にあります。一般的な抗酸化作用を持つ食物では、特定の種類の活性酸素しか除去できなかったのに対し、大豆発酵エキスは主要となる4つの活性酸素を無害化することができます。

また、動脈硬化の直接的な因子となるTNF-αの抑制作用にも優れています。脳梗塞の原因となる活性酸素、TNF-αの除去に高い効果を発揮する大豆発酵エキスは、まさに脳梗塞予防のための成分だといえるのです。

研究でも証明されている大豆発酵エキスNTの効果

大豆発酵エキスの有効性は、実験によっても証明されています。

“A群のウサギに高コレステロールのみの食事を、B群のウサギには同様の食事と大豆発酵エキスを与えました。この2群に対し、6か月後の血管壁の様子を観察。A群は血管壁表面にコレステロールなどの沈着物が多く見られ、動脈硬化も進んでいた。対し、B群は、沈着物がほとんど見られず、中性脂肪やコレステロール値もA群と比較し低かった。“
引用:大石一二三・小黒辰夫・金子正裕・金丸拓也・川口基一郎(共著)2013年『高血圧・脳卒中・糖尿病を「90日間」で改善する大豆発酵エキスの効用』アイシーメディックス発行

こういった研究からも、大豆発酵エキスを摂取することで、血液や血管を健康な状態に保つことが分かっています。

脳梗塞を引き起こす動脈硬化。そして、その動脈硬化の原因となる「活性酸素」「TNF-α」の除去に、絶大な威力を発揮するのが大豆発酵エキスです。

脳梗塞の再発防止に真剣に取り組むあなたにとって、心強い味方となってくれる成分であることに間違いありません。

大豆発酵エキスNT

「大豆発酵エキスNT」で再発予防や症状の緩和に至ったケース

脳梗塞という病に立ち向かう上で、大豆発酵エキスは私たちにどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。実際に大豆発酵エキスNTを摂取している方の声を、4例ご紹介します。

「独自のリハビリと大豆発酵エキスで杖なしで歩けるまでに。」(77歳男性)

脳梗塞の発作に倒れ、医師からは「一生寝たきりでしょう」と言われました。それでも、元に近い生活を何とか送りたいという気持ちから、独自にリハビリを開始。友人から大豆発酵エキスをすすめられ、リハビリと併用するようになりました。再発予防にとすすめられたのですが、飲み始めてからは多少無理と感じていた独自のリハビリも、楽におこなえるようになりました。気持ち的にも大きな支えとなり、1年リハビリを続けることができ、再発もなく今では杖なしで歩けるまでに回復しました。

「脳梗塞によるうつ状態が改善」(41歳女性)

働き者でよく話し、よく笑う母が、突然「うつ」の症状を発症しました。そのときは、それが脳梗塞だなんて一ミリも思っていませんでした。薬での治療が必須であったのですが、一切飲もうとせず、途方に暮れていたころに大豆発酵エキスの事を知りました。毎朝、食事療法として取り入れていた生ジュースの中に混ぜ、毎日飲ませ続けました。飲み始めてから半年ほどで、母の表情が明るくなり、話もだんだんできるように。10年経過しましたが、脳梗塞の症状も悪化することなく、むしろ改善に向かったのは大豆発酵エキスのおかげだと感じられずにはいられません。

「嚥下障害の中、少しずつ大豆発酵エキスを飲み続けた」(51歳男性)

脳卒中で倒れた私は、術後一週間で意識を取り戻したものの、嚥下障害を起こし、栄養が摂れない状態に。左半身麻痺の後遺症で起き上がるのも苦痛で、体重は10キロほど落ちました。そんな中、妻が少しずつでも摂取できる栄養成分として、大豆発酵エキスを見つけて、私に少しずつ飲ませてくれました。体が回復に向かって行ったのはそれからです。次第にリハビリができるまでになり、少しずつ歩く、水を飲む、といった日常生活が行えるようになりました。これも大豆発酵エキスのおかげだと確信しています。

「言語障害や右半身の麻痺が回復」(70歳男性)

ある朝、起きると右半身に力が入らないまま、倒れ込んでしまいました。典型的な脳梗塞の症状です。言語障害や顔の右半分も歪んでしまいました。リハビリに励みましたが、改善の兆しが見えず。脳梗塞の改善には血栓を溶かし、血流を戻すことも重要であるという話を聞き、藁にもすがる思いで大豆発酵エキスを飲み始め、今ではゴルフができるほどまでに回復。途中、中断してしまった時期もありましたが、だからこそ大豆発酵エキスの効果を実感しました。一度脳梗塞をやると、再発の可能性が高いという話を聞いているため、再発予防として今後も大豆発酵エキスを飲み続けたいと思います。

脳梗塞に悩む多くの方の支えとなっている大豆発酵エキスNT。

より詳しい情報を知り、ご自身の脳梗塞予防や治療の支えとして、取り入れてみてはいかがでしょうか?

大豆発酵エキスNT

食事詳しくはこちら

食事

食事の内容を見直すことは、病気の原因を取り除く第一歩。脂っこい食事が好きな人は、脳梗塞につながる動脈硬化や血栓を予防するため、動物性の脂質をできるだけ抑えた食事に改善することから始めましょう。コレステロールを低下させる効果がある成分や、酸化を防ぐ成分を積極的に摂りいれるのもおすすめです。

再発予防のポイント

毎日3回の食事の内容は、ダイレクトに私たちの体に反映されます。脂質や糖分、塩分が多いメニューを摂り続けていれば、それらを分解して排出する働きを持つ臓器に負担をかけてしまうことになります。さらに、十分に吸収や分解、排出ができなければ、血液中に余分な塩分や脂質があふれてしまうことになるのです。血液は常に私たちの体全体を巡り続けているわけですから、何らかの悪い影響が出ないはずはありません。

血液中に多く存在している脂質は、血管の内部にこびりついて血流をせき止めてしまいます。特に悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは、血管の内壁にくっ付いて盛り上がり血流を阻害するだけでなく、内壁をボロボロに壊して動脈硬化を引き起こします。これが血栓となり、脳梗塞へとつながってしまうわけです。

ということは、毎日の食事の中で、血液中のコレステロールを増やしてしまう食材をできるだけ避ける必要があります。脂質を減らして血管内をキレイに整えてくれる食材や成分を、積極的に摂り入れて行きましょう。

ポイントは2つ。まずひとつは、食事の中からできるだけ動物性の脂質を減らすことです。

動物性の脂質とは、牛肉や豚肉、鶏肉などの脂、バター、乳製品、卵など。これらの脂質は、飽和脂肪酸と呼ばれるもので、主に私たちが活動するためのエネルギーとして使われますが、体内で固まりやすく、余った分は一番に貯蓄に回されます。要するに、肥満の原因となりやすい脂というわけです。飽和脂肪酸をできるだけ摂取しないように心がけるだけで、血栓や動脈硬化を防止し、肥満改善にも効果があるのです。

もうひとつのポイントは、血液中の脂質を排出する効果のある食材や成分を食事に取り入れること。例えば、コレステロールを下げる効果のある成分として注目されている、DHAやEPAなどを意識して摂取すると良いと言われています。同じ脂質の中でも、オリーブオイルに含まれるオレイン酸やリノール酸、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、体内に蓄積されにくい脂質で、中性脂肪やLDLコレステロールを低下させる働きがあるとされているのです。

ほかにも、血中の脂質の酸化を防ぐ抗酸化作用のあるビタミンやポリフェノール、ミネラルや食物繊維などを多く含む食材をバランスよく摂取することも大切。野菜、果物、大豆製品、海藻、キノコなど、できるだけ多くの食材を取り入れるように心がけましょう。

このことから考えると、毎日の食事のメインは肉よりも魚に、洋食よりも和食が中心のメニュー構成にすると、私たち日本人の体にも馴染み、脳梗塞や肥満の防止にも役立つことが分かります。

美味しく食べて病気を予防することができる、健康的な和食メニューを日々工夫しながら、自分の身体をいたわる気持ちを忘れずに過ごすことが最も大切なことなのではないでしょうか。

運動詳しくはこちら

運動

毎日続けることは難しい人でも、1回30分程度の軽い運動を週に3回行うだけで、再発予防に大きな効果があるそう。片麻痺や運動障害がある方は、体調を見ながらできることを少しずつ行うことで、肥満防止や筋力のアップのほか、ストレス解消にもつながります。

再発予防のポイント

高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病は、脳梗塞とも深い関係があります。これらの病気を罹患(りかん)している方は、動脈硬化を起こしやすいため、脳梗塞のリスクも高くなってしまうそうです。生活習慣病の予備軍と言われるメタボリックシンドロームの場合は、血圧や血糖値、コレステロール値などが少しずつ高めな程度で病気とまでは言わないものの、軽度のリスクが重複することで血管に大きな負担がかかっていることも。脳梗塞を予防することは、生活習慣病やメタボ予防とも共通する点がたくさんあるのです。

例えば、毎日運動する習慣のない人は、運動を続けている人に比べて生活習慣病やあらゆる病気の発症リスクが高まると言われています。体を動かしてカロリーを消費することは、体へ蓄積された脂肪を落とすのに直接つながるので、生活習慣病や動脈硬化の改善に効果的なのです。

運動は、少しの時間、少しの負荷であっても続けることが肝心。特に、脳梗塞予防のために運動を取り入れたいと考えているなら、長期間無理なく続けられるよう、現在の自分の体力に合った運動を選択することが最も重要なポイントとなります。

外出することが好きな人なら散歩やウォーキングを、家の中で自分のペースで運動したい方なら、ステップ運動でもダンベル運動でもかまいません。片麻痺や手足の運動障害がある方はリハビリも兼ねて、少しずつでも麻痺のある手足を動かす時間を設けましょう。

運動を続けることは、カロリー消費や筋力アップにつながるだけでなく、ストレス解消にも効果があります。家にこもりがちになったり、不安やストレスを抱えてしまうことも多い病後ですから、ウォーキングのために外出したり体を動かすことが生活にリズムを生み、精神的にも前向きになれる良い契機となるかもしれません。最初は気分が乗らなくても、試しにやってみよう、くらいの軽い気持ちで運動を始めてみてください。

「毎日続けるのが難しい…」という人は、週に3回でも構いません。30分程度の散歩や体操、ストレッチなど、自分がリラックスしながら行える運動を選んで続けてみましょう。少しずつ体が慣れてきたら、毎日の生活で自然に運動を行えるように意識していきます。日常の中に無理なく運動を取り入れられるようになったら、体調も精神面もかなり安定してくることでしょう。

生活習慣詳しくはこちら

生活

脳梗塞を再発させないためには、リスクをできるだけ遠ざける生活を心がけましょう。高血圧や糖尿病などの持病がある人は、できるだけ悪化させないこと。毎日の体調管理を自分から積極的に行う気持ちが大切です。大量の飲酒や喫煙、不眠、ストレスなども、自分の意志で止めるなり適切にコントロールする強い意志を持って生活しましょう。

再発予防のポイント

日常生活の中には、脳梗塞を再発させる原因がいくつも潜んでいます。

やけ食いや大量のアルコール摂取、喫煙、不眠やストレスなどが挙げられますが、血管や脳に負担をかけるこれらの悪い習慣を絶ち切るには、まず“改善しよう”という意志を持つことが大事。自分の身体なのですから、自分の意志でしか変えられないと気が付くことで、すぐにでも改善できるはずです。脳梗塞が再発するかも…という恐怖を思えば、どんな人でもタバコなど直ちに止められます。

ほかにも、高血圧や糖尿病などリスクの高い持病がある方は、これらの病気とも上手に付き合って行かなければなりません。生活習慣病は、生活と密接に関係している病ですから、毎日の生活の中で自ら体調を管理する能力が必要となります。処方された薬を飲んで定期的に病院に通うだけ…という管理法では、日々の体調の変化を感じることができず、再発の危険を見逃してしまうことにもなりかねません。血糖値や血圧は、毎日決まった時間に測定してきちんと記録し、まとめておくことで体調を一定に保つ目安にもなり、医師の診察の際にも役立ちます。気になることは、自分から医師に質問して確認するといいですね。

さらに、夜間の睡眠が十分でないと、翌朝に血圧が急上昇し、脳梗塞や脳出血を起こしやすいというデータがあるそう。睡眠時無呼吸症候群がある方は、脳梗塞のリスクが高まる傾向があるので、目覚めが悪いと感じる人や、昼間に酷い眠気に襲われる人などは、自分が寝ているところを家族にチェックしてもらうと良いでしょう。リラックスした状態で、毎日の睡眠をしっかりとることがとても大切です。

そして何よりも、病気に立ち向かい“絶対に克服しよう”という強い意志と行動があれば、体は必ず答えてくれるはず。食事の改善や運動、生活習慣の改善などは、長年続けてきたことを変えるという面倒くささもありますし、「今さら変えてもな…」と億劫に感じる人も多いかもしれません。年齢を重ねれば重ねるほど、自分の生活スタイルや習慣を変えるのは難しくなっていきますが、そこでグッとこらえて“脳梗塞を再発させない”という強い気持ちを持てるかどうかがポイント。「子供の結婚式に出席したい」、「孫の顔が見たい」など、どんなことでも構いませんから、ちょっと先の未来に目標を定めてみると、自分の健康な体と平穏な生活を続けられるありがたさが実感でき、病気を克服する原動力となります。

再発予防の手術詳しくはこちら

外科手術により再発のリスクを抑えることが可能
脳梗塞の再発予防の方法として外科手術があります。血栓の除去や血管のバイパスを作ることで物理的に動脈硬化の解消が可能です。しかし、手術は最終手段であり日常生活を整えることが大切といわれています。

民間家庭療法詳しくはこちら

民間家庭療法で動脈硬化を防ぐ
脳梗塞を防ぐためには動脈硬化を防ぐことが重要です。そのための一つの方法として民間家庭療法は効果が期待できます。伝承や経験に基づいている民間家庭療法のなかでも、効果や有効性が解明されているものもあります。そうした民間家庭療法を生活に取り入れることで、血流改善を目指すことが可能です。

漢方薬詳しくはこちら

漢方で全身の状態をバランスよく整える
漢方医学では体力や気力などのバランスを整えるために漢方薬を用います。全身のバランスを整える働きがあるため、血液関係のトラブル対策にも効果が期待できるのです。また、漢方薬のメリットとして副作用の心配が少ないことがあります。やる気の低下やうつなどの精神症状の改善にも漢方薬は効果的といわれており、後遺症の改善にも役立てられています。

ツボ詳しくはこちら

ツボを刺激することで経絡の働きを改善
ツボ同士を結ぶ経絡には気がめぐり、全身を健康に保つエネルギーが送られていると考えられています。そのため、ツボを刺激することで血流を改善することは、脳梗塞の再発予防につながるといわれています。

温熱療法詳しくはこちら

温熱療法により血流を改善
温熱療法は脳梗塞の後遺症で良く用いられる治療法です。温熱効果により筋肉や関節が柔軟になると血流が改善し、痛みやしびれが軽減します。また、血流が改善することから脳梗塞の再発予防にもなりえる対策法です。血管のつまりを温熱療法により改善することは、脳梗塞の再発リスクを下げると考えられています。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気