よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の回復期に行われるリハビリ方法

元の生活を目指して……脳梗塞のリハビリ治療

回復期の脳梗塞に行うリハビリ方法

脳梗塞の患者さんに対しては急性期からリハビリテーションが行われます。これはマヒした手足の関節が硬くなることや筋力の低下を防ぐためであり、容体が安定してきたら、ベッドから起きる練習に入ります。この次の段階が回復期のリハビリテーションです。回復期のリハビリテーションで用いられる方法を紹介します。

脳梗塞の回復期とは

回復期とは発症後3~6カ月までの時期であり、実践的なリハビリテーションが行われます。回復期は患者さんの回復能力が高いため、後遺症克服には欠かせません。一般的には、リハビリテーション専門施設へ移動して回復期リハビリテーションが行われます。また、理学療法士や作業療法士などの専門家がチームを組んで、訓練が実施されることが特徴です。

リハビリテーションの目的

回復期におけるリハビリテーションの最終的な目的は、自立した生活を送れるようにすることであり、様々な動作を繰り返し行っていきます。回復期でしっかりと訓練を受け、日常動作の感覚を取り戻すことで維持期の在宅リハビリが行いやすくなります。

回復期のリハビリテーション

回復期のリハビリテーションは、大きく分けて5つです。理学療法、作業療法、ADL訓練、言語障害、高次脳機能障害を詳しく見ていきましょう。

・運動療法

急性期からの移行としては最初に「立ち上がる」ことを目指します。そのために座位や立位でバランスを保持するための訓練を行い、立ち上がり動作の訓練に入っていきます。低い台や椅子、床に座った状態など条件を変えながら、立ち上がる動作を練習していくのです。

立位が安定してくると歩行訓練が可能になります。歩行訓練では平行棒や手すりを使うところから始まり、歩行器や杖を使った訓練に進んでいきます。

・作業療法

車椅子で移動できるようになる頃から取り入れられる回復期のリハビリテーションです。作業療法士による手指の訓練が進められ、運動パターンや感覚を取り戻していきます。一般的に用いられるものは、手工芸や手遊びゲームなどです。作業療法は継続することが大切なため、患者さんに合ったものが選ばれます。

・ADL訓練

ADLとは日常生活動作のことであり、ADL訓練は日常生活動作の自立のために行われるリハビリテーションです。食事の動作やトイレへの移動、着替え、入浴などの訓練が開始され、訓練の結果により退院後の介護の必要性を判断します。

特にトイレへの自力移動ができるようになると、その後の自信につながるといわれています。障害の重さによってはオムツを使用したり、介助が必要になったりしますが、自分ひとりでできるように練習しましょう。

・言語障害のリハビリ

脳の左半球の言語野が傷つくことで言語障害が起こることがあります。日常生活でコミュニケーションを取ることが難しくなるため、社会から孤立しないためにも言語能力を改善することが大切です。また、現在できることを生かしたコミュニケーション方法を見つけることもリハビリテーションに含まれます。

訓練内容としては発話訓練や復唱訓練、音読訓練、聴覚的理解力訓練などがあり、毎日30分から1時間程度、訓練を集中的に行っていきます。

・高次脳機能障害のリハビリ

高次機能障害とは、記憶や思考、理解、計算などの認知機能に障害が現れる状態のことです。見た目は普通のため、周囲の人が気づきにくく、理解されにくい障害といわれています。また、本人が自覚していないことも多く、症状や程度も様々です。

以前はその特徴からリハビリテーションは困難と考えられていたのですが、認知リハという方法により回復を目指すことが可能になりつつあります。認知リハでは正しい運動や行為は、正しい認知機能によって成り立つと考えており、障害が出ている部分と残存部分を評価し、回復が困難な場合は正常な部分で補うことで障害の回復を目指します。

先輩はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気