よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞による後遺症のリハビリとして利用できる新しい療法

新しい療法で後遺症が改善される可能性も

脳梗塞の後遺症を回復させるためには、病院やリハビリセンターで行われる従来のリハビリに加え、新しい療法も試してみる価値があります。人によって相性がありますが、これらの新しい療法で、麻痺が随分と改善したという報告もあります。

磁気刺激療法

正式名称を「経頭蓋磁気刺激療法」と言い、頭に機器を取り付けて磁気を流すことによって大脳を刺激し、神経活動性を活性化させるという治療法です。この治療によって、脳梗塞後も残っている脳神経細胞を活性化して、失われた脳機能を担当させることを促進させる効果が期待できます。メリットと特徴は、次のような点が挙げられます。

・入院の必要がない
・痛みがない
・麻酔の必要がない
・着替えなどの必要がない

治療時間は1回で約20分となっており、後遺症に対する主な効果は、麻痺の改善と失語症の改善です。嚥下障害や高次脳機能障害にも効果がある可能性もあります。麻痺に対しては、特に上半身の麻痺に高い効果がある治療法です。

低周波治療器

低周波治療器は、肩こりや腰痛などの痛みを和らげるための治療器です。家電量販店などで見かけたことがある方も多いと思います。製品によっても異なりますが、低周波治療器からは痛みに対する深部治療波形が放出され、マッサージによってこりをほぐす効果があります。パッドを貼るタイプのものが多く、このパッドを麻痺している部位に貼ることで、刺激を与えるという治療法です。

・家電量販店で気軽に購入できる
・価格が手ごろ
・肩こりや腰痛などにも使える

特徴はこのようになっていますが、気軽に試すことができるという点が一番のメリットでしょう。ただし、医療機器ではありませんので、後遺症が改善するという保障はありません。4,000~30,000円程度で購入できます。

足こぎ車椅子

足こぎ車椅子は、車椅子の足元に自転車のペダルがついているような乗り物です。自転車をこぐようにして動かします。ペダルはベルトで足を固定できるので、麻痺の症状がある方でも簡単にこぐことができます。

・足で簡単にこぐことができる
・一人での移動が楽になる
・下半身のリハビリ効果が期待できる

麻痺のある方は片手で車輪を回さなくてはいけないので、かなりの体力を要します。足こぎ車椅子なら、一人でも楽に移動することができるようになるでしょう。この車椅子の最大のメリットは、リハビリを兼ねることができるということ。麻痺していない方の足でペダルをこぐと、自然に麻痺側の足も動くことになるからです。

CI療法

CI療法とは、麻痺していない側の腕を三角巾やミトンなどで固定することで、麻痺側の腕を使わなければいけない状態にして、強制的にリハビリ環境を作るという治療法です。強制的とは言っても、麻痺の症状にあわせて難易度を細かく調整し、訓練の項目を作成します。その項目に沿って短期間だけ行うため、本人の体に負担をかけることはありません。

・短期間で改善が期待できる
・機器を使用せずに治療を行う
・作業療法士がいればどこでも治療可能

CI療法にはこのような特徴があり、身体を傷つける心配もありません。麻痺側の手でリハビリに励んだときに、思うように動かすことができないと失敗体験となり、無意識のうちに運動を抑制してしまうと脳が学習します。その運動の抑制を解消するのがCI療法です。

トレッドミル歩行トレーニング

トレッドミル歩行トレーニングとは、上からハーネスで体を吊ることで、体重による負荷を軽減して、トレッドミルの上を歩行するという方法です。

・リハビリによる体の負担が少ない
・特別な機器を購入する必要がない

特徴はこのようになっています。しかし、通常の歩行訓練とトレッドミル歩行トレーニングを比較した結果、回復にあまり差がなかったとする報告もあります。ただし、体重による負荷がなくなっている分、リハビリでの身体にかかる負担はかなり減ることが期待されます。

参照:理学療法科学「体重免荷トレッドミル歩行トレーニングが回復期脳卒中片麻痺患者の歩行機能に及ぼす効果:歴史的対照介入研究」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/29/4/29_509/_pdf

自転車エルゴメーター

自転車エルゴメーターは、自転車のようにペダルをこぐ機械です。ペダルの回転速度は短時間で変化します。足の動きをその回転速度に合わせることによって、歩行能力を向上させるというリハビリ法です。

・体への負荷が軽減される
・負荷が少なくても効果が期待できる
・テレビや音楽を楽しみながら行える

このようなメリットがある自転車エルゴメーターは、低負荷での運動であっても、行った後には下半身の俊敏性を増す効果があると言われています。同時に有酸素運動も行えるので、体力をつけるのにも効果的でしょう。

関連記事

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気