よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞のリハビリ大全~これまでの暮らしを取り戻すために~

発症後のケア脳梗塞のリハビリ方法

回復に向けた脳梗塞のリハビリ方法とは

脳梗塞を発症した本人は、後遺症に大きなショックを抱え、冷静な判断ができないこともあります。そんなときに役立つのが家族の支えです。脳梗塞発症後のリハビリは症状の回復を左右するため、家族はリハビリの重要性を理解し、どのようなリハビリがおこなわれるか知識を取り入れておきましょう。

脳梗塞のリハビリまでをご紹介します

脳梗塞のリハビリの流れ

残された機能で日常生活を送ることが目標

脳梗塞発症後のリハビリは、重大な合併症がなければ入院当日から始まります。運動機能の悪化を防ぎ、残された機能を使って日常生活を送れるようになるためには、早期のリハビリ開始が必須となるのです。そのため、病院では入院からおよそ1日~3カ月の急性期、3~6カ月までの回復期にわたり、訓練を行うことになります。

訓練の内容については、その人ごとに適したプログラムが作成されます。治療直後はベッドに横になりながら行い、状態を見て回復期・維持期のリハビリへと移っていくのが一般的です。これらの訓練は、生活をスムーズにするのはもちろんのこと、本人や家族がよりよい日々を送れるようになることも目標としています。

詳しくはこちら

脳梗塞退院後のリハビリ方法と注意点

本人と家族が快適に日常を送るために

病院でのリハビリを終えても、すぐにもとのような生活に戻ることは難しいといわれています。しかし、退院後もトレーニングを行うことで、徐々に日常を取り戻していくことは可能です。維持期にあたるこの期間のリハビリは、自宅から通うデイケアと訪問リハビリテーションという、ふたつの方法があります。本人の意思はもちろん、家族の生活や考えも尊重したうえで、自分たちに合った方法を見つけてみてください。また、退院後の生活をスムーズにするためには、事前の準備も欠かせません。なるべく本人の負担が少なくなるよう、リハビリスタッフの手を借りながら環境を整えましょう。

詳しくはこちら

脳梗塞の急性期に行われるリハビリ

発症直後から開始して体を慣らす

脳梗塞発症後からおよそ2週間のあいだを「急性期」と言いますが、このあいだに行うリハビリはその後の生活においてとても重要な意味を持ちます。後遺症の病状はさまざまですが、特に多くの方に見られるのが運動障害です。回復には、急性期の段階から無理のない範囲で、辛抱強くリハビリを続ける必要があります。患者さんそれぞれに合った計画を立て、それをもとに徐々に身体を生活へと慣らしていきましょう。家族がリハビリのサポートにあたる際には、本人への心のケアを忘れないことも大切です。

詳しくはこちら

脳梗塞の回復期に行われるリハビリ

症状が安定したらベッドから離れる訓練を

脳梗塞発症後、急性期のリハビリに慣れ容体が安定してきた頃を「回復期」と呼びます。この時期になると、それまでは主にベッドの上で行っていたリハビリが、さらに日常生活を送るのに必要な能力を取り戻すような内容へと変わります。回復期はその名の通り、患者さんの回復能力が高い時期です。無理のない範囲でしっかりと訓練を行いましょう。リハビリ内容はさまざまですが、どれも家族の理解とサポート、また本人への心の気遣いが重要になります。

詳しくはこちら

脳梗塞の維持期に行われるリハビリ

日常に戻るための最終段階

脳梗塞を発症後、回復期を終えた患者さんが次に迎えるのは「維持期」です。治療が終わって症状も安定してきた後にあるこの期間は、本人と家族が健やかな生活を送るためにもっとも重要といえるでしょう。回復期に取り戻した身体の機能がもとの暮らしに馴染めるよう、病院や介護施設などをうまく利用しながら、自宅でのリハビリを行います。それまでとは異なる生活環境に戸惑う患者さんも少なくないため、家族のあたたかなサポートが欠かせません。

詳しくはこちら

脳梗塞のリハビリで行うADL訓練

生活に必要な動作をこなすための訓練

脳梗塞に倒れ重い後遺症が残ってしまった場合、もとの生活に戻るためのリハビリは不可欠です。それまでできていたことが困難になるため、本人が不安なのはもちろん、家族も戸惑ってしまうでしょう。そのなかで健やかな暮らしを取り戻したいと考えたとき、大きな影響力を持つのが日々の訓練です。治療後、回復期に入った患者さんに対して行うリハビリに、ADL訓練というものがあります。食事やトイレ、着替えなど、スタッフの手を借りながら、少しずつもとの活動ができるようになるための訓練です。患者さんにとっても家族にとっても負担の少ない生活を送るためには必須のリハビリといえます。

詳しくはこちら

回復期のボツリヌス治療

保険適用を受けられるリハビリ法

脳梗塞の回復期に入ると、筋肉が過剰に収縮して手足が突っ張り動かしにくくなります。その症状を予防するための対策が、ボツリヌス治療です。筋肉の収縮は、たとえ急性期のリハビリが順調でも起こることがあるため、症状が出ているようなら治療を開始する必要があるでしょう。定期的に続けることで、治療が不要になるほど回復する方もいます。また、発症から時間が経過している場合でも効果が得られるため、支障を感じるようであれば活用を検討してみてください。ボツリヌス治療を行うと筋肉が柔らかくなるため、リハビリや日常生活もスムーズになるでしょう。

詳しくはこちら

リハビリの体験談

歩行困難や失語症を乗り越えた人の体験談

脳梗塞で倒れ後遺症を抱えてしまったとき、本人とその家族が不安な気持ちになるのは当然のことです。生活が変わってしまうことへの心配や、サポートでの気疲れなど、さまざまなストレスはひとりで抱え込まずにスタッフやまわりの人に打ち明け、支え合いながら自分たちのペースで向き合っていくようにしましょう。そのなかで、「どのくらいで回復するのか?」「どのように付き合っていくべきか?」といった疑問も出てくるでしょう。実際に脳梗塞の後遺症を経験した方たちの声を聞くことで、知りたかったことが解決し、気持ちも楽になるかもしれません。

詳しくはこちら
今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気