よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

コレステロール値と脳梗塞

脳梗塞とコレステロール値の関係を解説しています。

 

脳梗塞になりやすい人はこんな人

Cholesterolコレステロール値が高い

健診で血中のコレステロール値に“異常アリ”と診断された方は要注意!コレステロールと動脈硬化、さらに脳梗塞との間には大きな関係があるのです。その危険な関係について解説していきましょう。

コレステロール値が高い男性のイメージ

コレステロール値が高い=高脂血症!?

血液検査を行うと、血液中にどれだけコレステロールが含まれているかを知ることができます。その結果として、血液中に中性脂肪やコレステロールが多いと診断された人は、一般的に高脂質血症(=高脂血症)と呼ばれています。

高脂血症となってしまう要因として、脂肪分の多い食事の摂取や、家族性・遺伝性による体質などが挙げられます。

コレステロールにも悪玉と善玉がある

血液中にある脂肪には、中性脂肪やコレステロールなどいくつかの種類があります。脂肪はそのままでは水に溶けないため、血液中にあるときはリポ蛋白という結合体の形で存在しています。

血液中には通常4種類のリポ蛋白が存在していますが、その中のひとつにLDLコレステロールと呼ばれるものがあります。LDLコレステロールは動脈硬化の原因として注目されている悪玉コレステロールです。

このように、コレステロールにも善玉や悪玉と呼ばれる種類が存在しています。それぞれのコレステロールは性質が全く異なり、健康を守る効果を担っているものと、体へ悪い影響を与えるものとがあります。善玉コレステロールと悪玉コレステロールの特徴や働きについて、以下にまとめてみました。

【善玉コレステロール(HDLコレステロール)】

血液中のリポ蛋白の中でも、最も比重が重いコレステロールで、血管の内側にくっついて溜まっている悪玉コレステロールを引きはがして肝臓まで押し流す働きをしています。

HDLコレステロールが低いと、動脈硬化の危険性が高まると言われています。

【悪玉コレステロール(LDLコレステロール)】

肝臓で作られるコレステロールを体の隅々に届ける役割を果たしていますが、過剰に増えすぎると血管内に溜まってしまい、動脈硬化の原因となります。

悪玉コレステロールと活性酸素で動脈硬化が加速する

私たちの体にとって酸素は欠かせないものですが、この酸素が体内の脂肪を酸化させることで、有害物質である活性酸素を作り出してしまいます。

活性酸素は、体内に侵入した細菌を攻撃して殺菌する働きがありますが、正常な自分の細胞も傷つけてしまい老化や生活習慣病の原因となります。さらに、血液中に活性酸素が増えると、血管を傷つけて動脈硬化を引き起こしてしまうのです。

悪玉コレステロールが多いとただでさえ詰まりやすい血管が、活性酸素によってさらに刺激され、動脈硬化のリスクが高まることに。そのまま脳梗塞へとつながってしまうこともあります。

活性酸素の悪影響をできるだけ少なくするために、活性酸素を除去する効果の高い食品や、抗酸化物質を積極的に摂り入れる工夫をしましょう。

一番効果的な方法は?脳梗塞の再発予防の方法をチェックする

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気