よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

適量の飲酒は脳梗塞の予防に効果的

これでコワくない! 脳梗塞の予防&治療の最前線

脳梗塞になりやすい人はこんな人

飲酒と脳梗塞の関係

1日1合未満のアルコールは脳梗塞を抑制する

1日1合~2合未満の飲酒は脳梗塞を抑制することがわかっています。

少量のアルコールは、脳梗塞にかかった場合でも、血管の炎症を抑えてくれることで後遺症が軽減されることが判明してきています。

時々飲酒する人と比べて約40%も脳梗塞の発症率が低く、この場合、お酒の種類や人種は特に関係ありません。

以前、赤ワインに含まれているポリフェノールが、動脈硬化を防いでくれるということでブームになりましたが、飲み過ぎれば脳梗塞のリスクは高くなります。

適度なアルコールが血液を固まりにくくして、善玉コレステロールの血中濃度が上昇することで脳梗塞にかかりにくくなるのです。

お酒を飲むと顔が赤くなる人は、そうでない人と比べると血圧が下がりやすく、脈拍も早くなりやすい特徴があります。

問題ないアルコールの摂取量/1日

  • ワイン 1杯(120ml)
  • 焼酎 1合(180ml)
  • ウイスキー・ブランデー ダブル(60ml)
  • 日本酒 1合(180ml)
  • ビール 500ml

飲み過ぎは脳梗塞のリスクを高める

しかし、1日の飲酒量がビール500ml以上超えると今度は脳梗塞の発症率が高くなってしまいます。

多飲酒が日課の人は出血性脳卒中、虎血脳卒中が起こるリスクが高まるので注意しましょう。

さらに脳内出血は1.6倍、くも膜下出血は1.8倍に上昇するので飲み過ぎは厳禁です。

毎日、身体に大量のアルコールを入れることで血圧の平均値が高くなり、脳出血しやすい状態になります。

2型糖尿病も発症しやすくなり高血糖、高血圧が重なることで脳梗塞を併発しやすくなります。特にやせ型の男性※はインスリン分泌能力が低いため、飲酒による2型糖尿病になりやすいことがわかっています。

※BMI(体格指数)22以下

それ以外の体型でも、過度の飲酒を長期に渡り続けることでインスリンの分泌量が減少することが報告されています。

インスリンが体内で十分に作用しないと高血糖が起こります。

お酒と一緒に食べるおつまみも(塩分、油分過多)血圧を高くする一因になっているようです。

飲酒後の脱水は脳梗塞の発症を高くする

アルコールには利尿作用があります。

度数の強いアルコールにチェイサー(水)が添えられているのはそのせいですが、飲酒時は適度に水分を摂らないと脱水症状が起こります。

ついつい飲酒中にアルコール以外の水分を摂ることを怠りがちですが、脱水症状になると血液がドロドロしてきて血栓ができやすくなり、脳梗塞が起こりやすくなります。

アルコールをよく飲む機会のある人は、特に注意が必要です。

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気