よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の後遺症「片麻痺・半身麻痺」とは

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~症状と対策法~

片麻痺・半身麻痺

脳梗塞の後遺症の中でも、多くの脳梗塞患者の方に見られるのが片麻痺・半身麻痺です。神経障害によって起こる半身の麻痺状態がなぜ起こるのか、おこなっていくべきリハビリ方法などを解説します。

片麻痺・半身麻痺が起こる原因

みなさんもご存知の通り、人間の脳は左右に分かれており、片方の脳で起こった障害に関しては、もう片方の脳には影響が出にくいという性質があります。

そのため、多くが脳の一部の損傷となる脳梗塞においては、左右どちらかの片麻痺・半身麻痺となります。

一方で、同じように脳の病である「くも膜下出血出血」は、出血が左右関係なく脳全体を圧迫します。片麻痺や半身麻痺ではなく、身体全体の機能に影響が出やすいと言われています。

こういった点からも片麻痺・半身麻痺は、特に脳梗塞において多くみられる後遺症なのです。

片麻痺・半身麻痺の症状

片麻痺・半身麻痺は読んで字のごとく、右半身もしくは左半身に痙縮や不全麻痺、完全麻痺といったような麻痺の症状が見られる「運動障害」になります。

脳出血においても運動障害の後遺症はよく見られますが、脳の損傷範囲が限定されている脳梗塞である場合、とくに半身に対して症状が出ることが多くなっています。損傷のある脳が左側の場合、右半身に麻痺があらわれ、右側の脳が損傷している場合は左半身に症状が発生します。

また、運動をつかさどる神経とほぼ並んで配置されている感覚神経にも影響を及ぼすため、同時に感覚障害を半身に伴うケースも少なくありません。感覚障害の主な症状は手足の痺れのほか、物に触れている感覚が鈍くなる、熱さや冷たさの反応が鈍くなるなど。

また、これらの運動障害や神経障害に付随して、口や舌が麻痺することで発音がうまくできなくなる「構音障害」や、片側の目の視界が欠ける「同名半盲」なども起こります。

障害が軽度であれば日常生活に支障は出ませんが、重度である場合には介護補助が必要となります。

右半身の麻痺と左半身の麻痺の違い

前述した通り、脳の神経は首あたりで交差されているため、右脳の指令が左半身へいき、左脳の指令が右半身へと伝達されます。そのため、右脳に損傷があった場合は左半身の麻痺、左脳に損傷があった場合は右半身の麻痺へとつながります。

一般的に、人間の脳は、左右で異なる働きをします。そのため、右半身の麻痺でしか見られない障害、左半身の麻痺でしか見られない障害もあるため、左右でどういった違いの麻痺や後遺症が起こりうるのかも知っておきましょう。

優位半球と劣位半球が影響

一般的に、右利きの人のほとんどは、大脳の左半分を優位半球、右半分が劣位半球であるといわれています。

優位半球の役割は、発話や言語理解、計算といった言語的・理論的な思考をつかさどる大脳になります。一方、劣位半球は空間をとらえる能力や直感・音楽的な能力をつかさどります。

日本人の多くの方は、右利きに該当するため、優位半球である左側の脳に損傷があった場合、失語症や計算障害、失認といった症状が多く見られるといわれています。一方、劣位半球である右側の脳が損傷を受けた場合には、左側にあるものにぶつかる、食事の左側だけを残すといったような「半側空間無視」という症状を発症しやすいとされています。

これらの症状は必ずしも見られるわけではありませんし、右利きの方の優位半球が絶対に左側の脳であるということも言い切れません。しかし、自身やご家族の片麻痺・半身麻痺の障害と向き合っていくために、左右の半身麻痺によって起こりうる障害が異なる可能性がある、ということを理解しておきましょう。

リハビリ方法

マッサージや、症状の見られる部位を外部から動かすことで症状の軽減を図りましょう。とくに手足などが関節部で折れ曲がってしまった状態が続く「拘縮(こうしゅく)」は、その後の機能回復に大きな影響を与えるため、発症してから早い段階でのリハビリ開始が望ましいです。

一般的に、片麻痺・半身麻痺の運動機能回復が望める期間は、脳梗塞発症後4~6カ月といわれています。それ以降は徐々に回復の程度が緩やかになっていくとされていますが、ADL(自分の事を自分でする能力)の改善は以降も見込めるため、どの時期にどういったリハビリをおこなうのが適切であるかをしっかりと把握しましょう。

急性期の片麻痺・半身麻痺のリハビリ

急性期は病状が安定しないため、脳梗塞の進行や意識レベル、起立性低血圧などを確認してリハビリを行います。

主には廃用性症候群を予防する目的として、「肺炎・床ずれ・拘縮といった障害を未然に防ぐこと」、「呼吸や循環、筋力などの身体的能力・精神機能の低下の防止」が優先されます。

ベッドでの良肢位保持や、寝ている姿勢のポジション変換などがリハビリ内容として挙げられます。また、間接や筋肉が固まってしまうことを防ぐために、ストレッチやマッサージなども行われます。

回復期の片麻痺・半身麻痺のリハビリ

  • 座位訓練
    急性期から回復期への移行期間には、ベッドに座る訓練をおこないましょう。両足の底を床につけ、麻痺している方に荷重を乗せることで、体重の移動に関する訓練を行います。この動作ができなければ、日常生活に必要な姿勢をとることができないため、重要な訓練となります。
  • 立位訓練
    座位訓練にてバイタルに問題がなければ、立位訓練に移行します。麻痺している半身に荷重をかけながら立ち上がる訓練や、立った状態で骨盤を左右に移動させて姿勢が崩れないように踏ん張る訓練である立位保持訓練、麻痺している方の足で片足立ちをする訓練などを順に行っていきます。これらは膝が急に曲がってしまい転倒につながってしまう危険性もあるため、療法士のサポートはもちろん、下肢装具をつけておこなうこともあります。
  • 歩行練習
    麻痺側の足にも体重を乗せることができるようになっていれば、歩行練習をおこない麻痺側の足への荷重を強化していきましょう。麻痺側の足に荷重をかけずに歩くということにならないよう、療法士のサポートが必要です。立っている状態から麻痺していない方の足を前に踏み出すこと繰り返す「ステップ練習」、踏み台に足を乗せたり降ろしたりする「踏み台昇降練習」が効果的です。

維持期の片麻痺・半身麻痺のリハビリ

退院してからは、食事・排せつ・外出といった日常生活を送ること。これらが維持期の十分なリハビリになります。介護や補助に頼るのではなく、自身でできることは積極的におこなっていきましょう。

接し方のポイント

重度の片麻痺・半身麻痺である場合、ひとりで立つことや座る事、寝返りをうつことさえもままならない状態になります。また、優位半球に損傷があった場合には、感情のコントロールができなくなってしまうケースもあることを理解しておきましょう。

片麻痺・半身麻痺によってみられる症状は、日常生活に支障をきたすものも多く、介護する側はもちろん、発症した本人にとっても大きなストレスがかかります。片麻痺・半身麻痺による後遺症はどういった症状が起こる可能性があるのか、またどういった特徴があるのかを知り、患者さんが何で苦しんでいるのかを理解してあげることが大切です。

また、リハビリ内容の多くはひとりではおこなうことが困難なものばかり。麻痺からの回復だけでなく、日常生活への回復を目的としたリハビリであることを念頭において、患者さんに寄り添ってリハビリを一緒に頑張っていきましょう。

体験談

ある日の夜の食事会のあと、電車のつり革から左手が落ちる、玄関と反対の右の方へ向かってしまうといった症状があり、酔いのせいだと思っていました。しかし、翌朝足に力が入らずに転倒。病院で検査を受けると右の脳に梗塞が見られるとのこと。左に麻痺が残る可能性があるが、リハビリ次第と告げられました。

医学生として勉強していた頃に「内臓の病気であれば悪い部分を切り取れば回復するが、脳にはメスが入れられない。機能回復をするにはリハビリしかない」という言葉を思い出し、リハビリに励みました。

リハビリ中には、パニック障害やうつ病という症状にも初めてなり、苦しい時期が多かったです。しかし、妻の献身的な支えや何としても社会復帰してやる、という強い気持ちを持ち続け、今では日常生活が送れるまでに回復することができました。

先輩はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

【体験談】「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気