よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の後遺症の視野障害とは

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~症状と対策法~

視野障害

脳梗塞で視野障害の後遺症を持つ人は多いです。視野障害を抱えた患者さんの日常生活には危険や困ったことも起こります。それをサポートするためのリハビリやご家族など周囲の人の接し方を学んでいきましょう。

視野障害と脳梗塞の関係

脳梗塞で視野障害の後遺症が出るのは、見る機能は脳と目の両方によって働いているためです。脳は視力とは関係のない部分で見る機能として働いているため、脳卒中になることで視覚にも影響が出てしまうのです。

ものを見るためには、目の網膜と言う部分が光や景色などの情報を取り入れます。その情報が網膜を刺激することで、信号が視神経から大脳へと伝わり、後頭葉という部分で処理されることで私たちは見たものを認知しています。この一連の経路を視覚路といいますが、この経路のうちのどこかが障害されることで、ものを見る機能が損なわれます。見えなくなることもありますが、視野障害といって、見える範囲が狭くなる場合もあります。

脳の病気では目と脳の情報の経路が障害されます。目から脳への情報は複数の経路を持っており、障害された場所によって部分的に見えなくなったり、見えにくくなったりします。目の病気では光を感じる部分に問題が起こりやすく、視力低下となりますが、脳の病気では視野が狭くなることが多いです。ただし、視野の狭さ(視野狭窄)が重くなって視野の中央まで障害されると、視力低下も起こります。

 

視野障害の症状

視覚障害の症状には、見える部分が欠けて狭くなる視野障害と、見え方が二重になる症状があります。見える部分が欠けることを視野欠損といい、視野の半分しか見えなくなるのを半盲といいます。また、二重に見えることを複視といいます。

・半盲
半盲では、片目や両目で見ても、視野の左右のどちらかしか見えなくなります。脳の大脳皮質視覚野という部分が視覚を司っていますが、そこが障害されることで起こるものです。半盲は左右のどちらかで起こりますが、右後頭葉で脳梗塞が起こると左半分が、左後頭葉では右半分が視野障害を受けます。半盲では、見えない側にものがあっても気づかなくなります。

・複視
複視は両目で見たときにものが二重に見える状態です。ものを見るときには、眼球を動かす筋肉である外眼筋がそれぞれ左右の視線をバランスよくそろえています。このバランスが崩れるとものが二重になってしまいます。どちらかの筋肉が働かず、片目を動かせないことで視線のバランスが崩れてしまうのです。複視では、階段など段差の判別がつきづらくなります。

・半側空間無視
半側空間無視は、自分では見ているのに認識できない状態が視野の片側で起こるものです。目から脳への信号は届いているのに、その情報を処理できないと半側空間無視となります。これは高次脳機能障害として分類されており、現在の医療では治療が難しいとされています。本人の自覚がなく、自分の体を認識できなかったり、運動や感覚の麻痺を伴ったりすることも多いです。

リハビリ方法

視覚障害のリハビリとしては、QOLを向上させるための日常生活動作訓練があります。視覚以外の感覚や補助具を活用するとともに、これまでの行動の変更など、身辺処理や家事、仕事がスムーズになるように進めていきます。

歩行訓練は、歩行訓練士などとともに白杖の操作や単独歩行を目指した技術獲得を目指すリハビリ訓練です。白杖の使い方やそれによる情報の検出、処理方法を身に付けるとともに、保有視覚や、それ以外の感覚から得られる情報の活用を目指します。さらに、歩道の歩き方や曲がり角、道路横断といった基本的な歩行を可能としていきます。

また、目的地までの経路の選択と移動時の手がかりの把握、頭の中で地図を作るなども行います。日常生活動作訓練でも同様に、視覚以外の感覚や補助具を使い、これまでの行動の変更によって一人で日常生活の処理や動作ができるように訓練します。

コミュニケーション訓練では、文字でのやり取りを行うための訓練と代替手段の習得を目指します。点字やパソコンの音声ソフトや視覚障害者向けのソフトを活用し、録音機器なども用います。コントラストを強める補助具の利用やめがねやルーペ、医療用サングラスなどを用いて見えやすい環境を整えて、活用できるようにするロービジョン訓練もあります。

こうした生活を向上させるための訓練を活用するための相談や情報提供なども利用できます。

接し方のポイント

脳梗塞では、症状や治療の進み具合によっては後遺症が残り、リハビリでは機能が回復しないこともあります。症状によっては日常生活でのサポートが必要です。

脳梗塞の患者さんとのかかわりではご家族の接し方が大切ですが、介護の仕方によっては患者さんの機能がさらに衰えてしまうことや、ご家族の負担が大きくなってしまうことがあります。介護やサポートが必要な患者さんに対しては、後遺症の正しい知識や理解をもち、必要なサポートをすることが大切です。また、特定の人だけに負担がかからないように介護保険のサービスを利用するなどの工夫も必要となります。

視覚障害でも、症状はそれぞれに異なり、見え方にも個人差があることを意識することが大切です。

視野が狭くなった側は見えなくなるため、気がつかないで体をぶつけたり、引っかけたりすることがあり、転倒やケガのリスクが高まります。また、食事でも見えない側で食べ残しがあるなど、日常生活での支障もあるでしょう。複視の場合には段差などがわかりにくくなるため、転倒の危険があります。こうしたリスクから身を守るためには、患者さん自身が視野を生かせるように顔の向きを変えるなどはもちろん、家族がサポートすることも大切です。

体験談

営業職として働いていたものの、脳梗塞をきっかけに、視野の中心部が見えなくなり、リハビリを受けることになりました。視野の周辺部は見えていたけれど、症状は元通りにはならないといわれ、本人は絶望的な気持ちにもなったようです。

リハビリでは約1ヶ月をかけて、外出のための歩行訓練や、文字を大きくできる拡大読書器を利用してパソコンを使う練習が行われました。自動車の運転はできないものの、約1年後には仕事復帰もできるほどになり、安心しています。

脳梗塞の後遺症の視野障害は残った機能でQOLの向上を

脳梗塞の後遺症として視野障害がある場合には、適切なリハビリで残った視野とそれ以外の感覚を使えるようにすることが大切です。視野障害が完全に回復しなくても、補助具を利用したり、視覚以外の感覚の使い方を覚えたりすることで、日常生活や就労のための動作を補うことができる場合もあります。また、視野が狭いことで知らずに危険にさらされることもあるため、家族の適切なサポートで安全を守ることも必要です。

先輩はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

【体験談】「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気