よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

認知症|脳梗塞の後遺症を乗り越えるために

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~症状と対策法~

認知症

脳梗塞の発症後に、一見関係がないように見える認知症も発症してしまう人は、実は少なくありません。認知症は進行性ですから、対策としては進行を遅らせることが重要です。認知症の症状やリハビリ、周囲の接し方などについて紹介しましょう。

脳梗塞と認知症の関係

認知症は、脳梗塞などの脳血管性障害が原因で起こることもあります。脳血管性障害を原因とする認知症は、脳血管性認知症とよばれ、認知症全体の約20%を占めるほか、男性に多いのが特徴です。

脳梗塞は、脳の血管が詰まることによって、脳内の一部の血流が悪くなり、その部分の脳のはたらきが悪化します。梗塞が認知機能をつかさどる部分にできてしまうことで、脳血管性認知症を発症します。脳梗塞にも大小の程度がありますが、脳血管性認知症も、いきなり重度の認知症になるわけではありません。小さな脳梗塞を繰り返して段々と症状が進んでいく場合もあります。

認知症には、血管性認知症のほかにもいくつかの種類があります。代表的なアルツハイマー病の場合は、タンパク質の一種であるベータアミロイドが脳神経細胞の周囲にシミのように蓄積することが主な原因です。このアルツハイマー病と血管性認知症は合併することもあり、こちらは混合型認知症と呼ばれます。このほか、ある種のタンパク質が神経細胞内でレビー小体という塊を作り、これにより神経細胞の働きが弱まって認知症になるのが、レビー小体型認知症です。

認知症の症状

脳梗塞から発症することがある認知症ですが、この場合、アルツハイマー病とは異なる特徴を持ちます。まだら認知症といって、全ての認知機能が低下するわけではなく、物忘れが目立ったかと思うと、判断力や理解力はしっかりしていたり、今日は判断力が鈍っているけれど、昨日はきちんとしていたりといった、文字通り、まだらな症状が出る傾向があります。

その他、喜びや怒りなど、感情が些細なきっかけであふれ出てしまう認知症状は、感情失禁または情動失禁といわれています。これは脳血管性認知症の症状としても出やすい症状です。高次脳機能障害といって、記憶障害や注意障害、遂行機能障害、さらには社会的行動障害、失語症などの症状もみられます。こうした血管性認知症の症状は、脳梗塞の後に急激に進行し、さらに脳梗塞の再発に伴い、階段状に進行していきやすいのも特徴です。

リハビリ方法

脳細胞は、一度死ぬと元には戻りません。そのため、脳血管性認知症の治療といっても、脳梗塞の再発予防や対症療法がメインになります。血管性認知症の症状は脳梗塞の再発を繰り返すことで進むため、再発予防は症状の進行を食い止めるうえで非常に重要なのです。

治療法としては、脳梗塞の危険因子となる高血圧や糖尿病、心疾患などをしっかり改善していくことが第一です。血液の循環をよくするための薬剤が投与されることもあり、意欲低下や興奮の予防のためには脳循環代謝改善剤が有効になることもあります。うつ症状を抑えるために、抗うつ剤が使用されることもあります。

また、薬物療法のほか、生活習慣の改善も欠かせません。血管性認知症の治療には、日々の適度な運動や、減塩や糖分の制限といった食生活の改善なども有効です。健康的な生活を送り、脳梗塞の再発リスクを減らすことが、脳血管性認知症の治療にもつながります。禁煙も脳梗塞の再発予防には有効な方法の一つです。実際、こうした生活習慣の改善により、認知症の進行を防止できるという研究報告もされています。

接し方のポイント

認知症の患者さんは、自分に認知障害があることを自覚していることも多いです。できるはずのことができない、というストレスは、並大抵のことではありません。このような不安やストレスを感じさせないようにしてあげることも、治療の一環といえるでしょう。

また、周囲が出来ることは、他にもあります。なかでも認知症の症状が悪化しないようにするための生活習慣の改善、脳梗塞の再発予防に関してのサポートは重要です。脳梗塞の発症リスクを減らすため、食生活に注意し、運動を促すなど、周囲も患者さんと一緒に生活習慣病の予防に努めましょう。

それ以外に、認知症の始まりを見逃さないように気を付けてあげることも、周囲ができるサポートのひとつです。ちょっとした物忘れかなと思っても、見過ごさないようにすることが、認知症の早期発見につながります。疑わしい症状があれば、早めに病院で受診をすることも大切です。検査を受けて、問題がないとわかれば安心ですし、認知症だと診断されても、早めに適切な治療を開始できます。さらに、介護保険などのサービスを利用するには手続きが必要ですが、こちらも早めに申請することで早期に利用をスタートできるでしょう。ただし、介護に一杯一杯になってしまうのは、周囲のためにもなりません。介護に取り組みながらも、自分の時間も大切にしていくようにしましょう。

体験談

脳梗塞後に認知症を発症した父の介護を続けて、10年以上が経ちます。父は職人だったのですが、集団生活にはなじめず、デイサービスもショートステイも経験なし。私がたまたま介護職に就いていたので、父の介護を全面的に引き受けることになりました。

父が認知症を発症したのは脳梗塞がきっかけでしたが、脳梗塞を発症したのは母が他界して2年後。突然わがままになったかと思うと、大声をあげて爆笑するなど、感情があふれ出すのを止められないようです。私は独身で、アラフィフ。結婚もせずに、実家で父の介護をしながら生きていくなんて空しくならないのかと知人に問いかけられたこともあり、正直、一時期は悲観的になったこともあります。

ただ、あるとき吹っ切れたのが、私の言った冗談で父が大笑いをしたことです。今までにないほど楽しそうで、いつもの不機嫌さはどこへやら。このとき、父を毎日笑わせようと決意し、なるべく笑いのある介護生活をすることを心がけるようになりました。父のためだけでなく、自分のためにも笑うことが役立っています。気持ちよく笑ってくれる日だと、父のリハビリも効果が上がっている気がします。いろいろな対策法や介護の仕方があるかと思いますが、私のようなやり方も参考にしてみてください。

先輩はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

【体験談】「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気