よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

失語症|脳梗塞の後遺症を乗り越えるために

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~症状と対策法~

失語症

脳梗塞の後遺症によって言語障害を負うことがあります。言語障害は大きく2種類に分けられ、舌やアゴ、喉などの筋肉の麻痺によって発話が困難になる症状を構音障害(こうおんしょうがい)、また脳の言語中枢の損傷によって言葉の認識や表現が困難になる症状のことを失語症と言います。ここでは後者の失語症について詳しく解説します。

失語症の症状

脳梗塞の後遺症による失語症には様々な症状、様々なステージがあります。具体的には、言語中枢の損傷によって「話す」「聞く」「読む」「書く」「計算する」の5種類の機能の一部、または全部が困難となる症状が現れます。それぞれ順番に見ていきましょう。

  • ・話す機能の障害
    言いたいことがあるのに、相応しい言葉が出てこない症状。また、心に思い浮かべたことを言葉にしようとすると、別の単語、別の文章が出てくる症状。思ったことと違う言葉を発してしまうことに対し、自分自身で困惑することもあります。
  • ・聞く機能の障害
    複雑な文章や、早口による文章を聞き取ることが難しくなる症状。ものの名前を言われても、そのものを正確にイメージすることができない場合もあります。1対1の会話ならばほぼ正確に理解することができても、大勢が集まる場での会話を理解しにくくなる傾向があります。
  • ・読む機能の障害
    複雑な文章を読んだり理解したりすることが困難になる症状。重度になると、短い単語の理解も難しくなります。
  • ・書く機能の障害
    長い文章を書いたり、難しい漢字を書いたりすることができなくなる症状。文章を書いたとしても、助詞の用法を誤る例が多く見られます。症状が重度になると、自分の名前を書くことすらできなくなる場合もあります。
  • ・計算する機能の障害
    数字を言い間違えたり聞き間違えたりする症状。仮に後遺症が軽度の場合でも、数字の理解を苦手にする患者は多いようです。足し算や引き算などの計算はもちろん、日付や金額、時間の認識も不正確になる患者が多いとされます。

リハビリ方法

失語症の症状や程度は、患者によって多様。そのため、一見同じような症状に見える患者二人でも、リハビリの内容や進め方が異なることは多く見られます。そのため、一概に失語症のリハビリ内容を示すことは困難と言えます。ここで紹介する内容は失語症のリハビリの一例になりますので、参考程度に留めておきましょう。

・障害の程度が重度の場合

まずはコミュニケーションの手段を模索します。趣味の話題や、過去の思い出の写真などを患者に示し、意思疎通の可能性を検討。一方で家族もまた、患者との接し方を学んでいきます。こうした活動を繰り返しているうちに徐々に患者の脳の状態が落ち着き、やがて本格的な言語リハビリを行なえる段階にまで至ることがあります。

・正しい単語が出てこない場合

リンゴの写真を見せて「ミカン」と答えてしまうなど、目の前の映像に対して正しい単語が出てこない症状が、失語症の患者にはよく見られます。こうした症状の患者に対しては、意味と映像を結ぶ訓練から始めます。言葉で答えさせるのではなく、正しい映像が描かれたカードを選ばせる方法です。言葉自体のリハビリとは異なりますが、このタイプの失語症のリハビリとしては非常に大切な訓練となります。

接し方のポイント

失語症の患者と接するときのポイントを4つご紹介します。

・ゆっくりと話す

ゆっくりと丁寧に話すように心がけてください。突然話題を変えたり、早口で話しかけたりすると、患者は言葉についていけません。逆に、患者が何かを伝えようとしているときは、せかさずにゆっくりと待つよう心がけましょう。

・患者が「はい」「いいえ」で答えられる会話をする

「何を飲みたい」ではなく、「お茶を飲みたい」といった具合に、患者が「はい」「いいえ」で答えられるような質問をしましょう。

・言葉以外のコミュニケーション手段も使う

身振りや手振りはもちろん、写真や絵など、言葉以外の手段も交えるとコミュニケーションの幅は大きく広がります。

・無理に患者の口から言葉を引き出そうとしない

絵や写真、文字などを見せて「これは何」と質問するリハビリがあります。大事なリハビリではあるのですが、失語症の種類や程度によっては無意味でもあります。本人にプレッシャーや劣等感を与えてしまう恐れもあるので、医師や言語聴覚士の指示に従ったリハビリを行いましょう。

体験談

平成19年3月に脳梗塞を発症。右半身に麻痺が残り、同時に重度の失語症を発症しました。当時、「チクショウ」とか「そうそう」といった一語による感情語は話せたものの、二語文を話すことは困難。入院中は言語機能の回復に向けた懸命なリハビリを行ないましたが、失語症が著しく改善することはありませんでした。それでもなんとか言語機能を回復させたいと、退院後も老健に週1回通って言語訓練。あわせて、自宅でも自主的に毎日40分の言語訓練を行ないました。懸命のリハビリの甲斐があって、退院から2年たった現在では、2語文まで話すことが可能に。今後もさらなる機能回復を目指し、リハビリを続けていきたいと思います。

先輩はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

【体験談】「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気