よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の後遺症からの回復・改善を大きくサポートするサプリメントとは?

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~回復・改善方法~

サプリメント

脳梗塞の後遺症改善に取り組む方々にとって、「再発予防」への対策をとることは必須です。

後遺症の改善は日常生活への復帰といっても過言ではありません。毎日を安心に送る、再発の不安を取りのぞきリハビリに集中することこそが、回復への第一歩となることは間違いないのです。

数ある再発予防方法の中でも、多くの方が取り入れている再発予防方法が「サプリメントの摂取」です。ここでは、どういった成分が再発予防に有効なのか、どのような方が摂取すべきなのかをまとめました。

後遺症に立ち向かうためにサプリの利用が主流になりつつある

一般的な脳梗塞の再発予防方法といえば、病院での処方薬や食生活・生活習慣の改善などが主流です。

しかし、処方薬を服用していても「効いているのか実感が持てない」「頭にまだモヤのようなものがかかっている気がする」といった言葉は、医療の現場でも絶えず聞かれるそうです。日々、「再発」という言葉が離れず、不安な日々を送りながらリハビリに励む方が非常に多いことが分かります。食生活や生活習慣の改善に関しても、すぐには日常生活を変えることができなかったり、その生活を辛抱強く続けていくことにストレスを感じる方も少なくありません。

ましてや脳梗塞といった重篤な病気に立ち向かっていくためには、「生活の支えになるもの」「本当に効果を実感できるものを取り入れていきたい」といった思いがあることは、今も昔は変わりないのです。

たとえば一昔前は、テレビで「●●が病気に効く」と放送されれば、その食べ物を積極的にとったりと、病気に対してできることは何でもするということは日常的に見られました。

それが現在では、サプリメントにより実現可能になったのです。再発予防にに対して、研究によりしっかりとしたエビデンスのある効果の高い成分を、簡単に摂取するということが実現可能になったのです。

サプリメントで再発は予防できる?

もちろんサプリメントだけを摂取していれば、「絶対に再発しない」「リハビリを乗り越えられる」といった効果を保障するものではありません。しかし、サプリメントに含まれる栄養素の中には、科学的に効果が実証されているものが多く存在します。

そのため、サプリメントを継続的に摂取することで、実際に再発が起きていないケースは数多く見られるのが事実です。また、単純に安心剤として取り入れる方もいらっしゃいます。

脳梗塞を発症した場合、多くのケースで後遺症が残る病です。いち早く日常生活に復帰するため、リハビリは懸命に取り組むべきだといえるでしょう。そのための活力、日々の安心や再発に対する不安の払拭のためにも、サプリメントによる再発予防が多くの方の支えとなっていることには間違いありません。

脳梗塞の再発を防ぐのに効果がある成分

脳梗塞の再発予防に役立つ成分は、実に数多くのものが存在します。こちらでは、その一部を紹介します。

大豆発酵エキスNT

近年、脳梗塞の再発予防成分として、注目を浴びている大豆由来の成分です。

大豆発酵エキスには、以下のような効果があるといわれています。

  • 血液をさらさらにする
  • 中性脂肪を低下させる
  • コレステロールを低下させる
  • 活性酸素を除去する
  • 細胞の活動を促進させる

中でも注目すべきは、その強い抗酸化力。体内のあらゆる活性酸素を無害化し、中性脂肪やコレステロール値を下げて、脂質異常症や動脈硬化を予防します。

一般的な抗酸化成分が特定の活性酸素にしか働きかけないのに対し、大豆発酵エキスは主要活性酸素すべてを除去。活性酸素は動脈硬化の一番の原因となる炎症因子「TNF-α」を生成させるため、活性酸素の除去が脳梗塞の再発予防に絶大な効果があることが分かるでしょう。

EPA・DHA

高次脳機能障害の改善に効果的といわれ、また血液サラサラ効果にも優れているため脳梗塞の再発予防にも期待ができる成分です。主な効果は以下となっています。

  • コレステロール値低下
  • 中性脂肪低下
  • 血栓の予防
  • 脳機能の改善

八丈島に住んでいる方やエスキモーには、脳梗塞が少ないと言われています。それはEPAやDHAを多く含む魚介類の摂取量が多いからだという報告もあるほどです。

ビタミンB

ビタミンB6、B12、葉酸などには、動脈硬化の原因となるホモシステインを減少させる働きがあります。とくにビタミンB12は、ホモシステイン抑制効果が多いとされています。

ホモシステインは動脈硬化を引き起こす物質のひとつで、年齢とともに体内のホモシステイン量が増えてくるといわれています。ビタミンB12は、ホモシステインの代謝に関わっている酵素を、活性化させる働きがあるのではないかと考えられています。ビタミンB12を多く摂取することで、ホモシステインを体内に溜まりにくくし、血栓の予防に効果があるといわれています。

高活性ルンブルペプタイド

養殖された食用ミミズを粉末にしたもので、血栓を溶かす働きがあるとされます。ミミズは、生薬の「地竜」の原料でもあります。

ナットウキナーゼ

納豆にしか存在しないナットウキナーゼ。その効果は、血栓の素であるフィブリンを溶かすことだといわれています。

イチョウ葉エキス

イチョウの葉には抗酸化作用があり、体内の有害な活性酸素を除去します。さらに、脳の血流改善、脳機能改善効果もあるといわれています。

ゴマリグナン

ゴマの中に含まれているゴマリグナンには、コレステロール減少、血圧抑制などの働きがあり、脳梗塞再発予防には最適です。

ヘスペリジン

主に柑橘類に含まれている成分で、血流促進、高血圧予防、コレステロール低下などの効果があるといわれます。

サプリメントを利用すべき人とは?

脳梗塞を発症し、後遺症に立ち向かうすべての人にサプリメントはおすすめだといえます。

もちろん、病院で処方された治療薬やリハビリは継続的に行っていくことは必要不可欠です。しかし、それだけで再発を予防できていると果たしていえるのでしょうか。

前述したように、治療薬や生活習慣の改善だけでは、やはり再発予防を実感できる人は少ないという現状があります。

日常生活に戻ることは、患者となったご本人のみならず、そのご家族にとっても切なる願いです。二度と苦しい思いはしたくありませんし、させたくないのは誰しも共通の願いではないでしょうか。

何も対策をせずに再発を待つのではなく、できることはすべてやって再発を防ぐことが本人やご家族の方にとっての幸せにつながることは間違いないのです。

経験者はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

【体験談】「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気