よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の後遺症改善のための病院の看護・家族の介護

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~回復・改善方法~

看護と介護

脳梗塞の後遺症が残った場合、家族の介護によるサポートが何よりも重要となります。後遺症の症状は、本人にとって大きな苦しみとなります。その症状や気持ちを理解してあげて、支えになってあげることでリハビリや日々の励みになることを忘れないようにしましょう。

また、病院で行われる後遺症の看護は、「看護計画」に基づいて行われます。看護師は、患者を観察することによって状態を把握し、患者に適切な看護を進めていきます。

家族の看護や介護・サポートが重要

家族が脳梗塞になって後遺症が残ってしまった場合、重要となるのは家族の看護や介護です。

例えば後遺症として、片麻痺が残ってしまったケースを考えてみましょう。以前は簡単にできた「コップをつかむ」「立ち上がる」などの動作が、思うようにできなくなってしまうと考えられます。本人からしてみれば、早く後遺症を治したいという「焦り」、もう良くならないのではないかという「不安」、家族に迷惑をかけるといった「罪悪感」を抱えながら生活を始めることになります。

そういった気持ちが邪魔をし、リハビリに集中できない、リハビリを諦めてしまう、といった方も多くいらっしゃると耳にします。

そこで重要となってくるのが、できなくなってしまったことに対してどうすればできるようになるのかを一緒に考え、一緒にリハビリに取り組むなど、手助けをしてあげることです。焦らなくていいことをしっかりと教えてあげ、不安や罪悪感も緩和してあげて、共に日常生活への復帰を歩むことを、しっかりと考えていきましょう。

ただし、家族が全てのことをしてしまうことはNG。本人の日常動作が減ることは、さらに後遺症の症状を重くなる場合もあります。一人でできること、頑張ればできそうなことに対しては、手助けをしない方がリハビリになるでしょう。

後遺症に対して家族ができること

後遺症といっても、その種類もさまざまなものが存在します。どういった後遺症があるのかをまずは知っておきましょう。また、介護保険や要介護認定の申請も行いましょう。認定されれば家族の金銭的負担軽減につながります。

神経障害

運動麻痺、感覚麻痺、嚥下障害、排尿障害、視覚障害などが考えられます。脳梗塞は脳の細胞や神経にダメージを与える疾患なので、ダメージを負った部分が司っていた機能が低下するため引き起こされます。

高次脳機能障害

思考力や判断力、記憶力、注意力などが低下する症状です。具体的な例としては、認知力が低下することによって、二つの行動を同時にできなくなる、日常的な動作が行えない、空間認識ができず真っすぐ歩けないなどです。

精神障害

精神状態を司る脳機能にダメージを受けた時に起こります。怒りやすくなるなど、性格が変わってしまったかのような印象を受けることもあります。また、後遺症が残ったショックもあり、うつ状態になる場合もあります。

看護師視点による看護と看護計画とは

看護師が行う脳梗塞の後遺症への看護は、急性期と回復期で異なります。

急性期の看護

病状が安定していない状態なので、体を安定させること、血管の詰まりを補うために発達する側副血行路を改善すること、脳浮腫の予防などが重視されます。

回復期の看護

体が安定してきた回復期では、脳梗塞の再発予防、後遺症へのリハビリ、基礎疾患治療などの看護が優先されます。

看護計画とは

看護師は看護を行うために、まず看護計画を作成します。

看護計画とは、患者の状態を観察し、どのような目的でどのような看護を行うかという計画です。

麻痺が残っているとすれば、どの程度の麻痺で、どんなことに注意するべきなのか計画し、定期的にその計画の達成度を評価します。

一般的に脳梗塞の看護計画であれば、誤嚥や転倒、再発予防のための計画が作られるでしょう。これらの看護計画は、本人や家族も見るので、自分の看護がどのように進むか知ることができます。

看護の観察ポイント

看護計画を作成する上でも、患者の異変にいち早く気がつくためにも大切なことが観察です。脳梗塞の観察ポイントは、大きく6つに分けられます。

意識

意識障害や認知症などの症状が発生することがあるため、呼びかけや痛みに対してどの程度反応するかを観察します。

瞳孔

脳にダメージを負うと、左右で瞳孔の大きさが変化する、瞳孔の形が歪むなどの症状が出ることがあるため、瞳孔の状態を観察します。

麻痺

四肢のどこに、どの程度の麻痺が発生しているのか知るために、患者の動きを観察します。

血圧

脳に十分な酸素を送るために血圧管理は欠かせません。血栓溶解治療時以外は、血圧は220mmHg以下であれば、高めで維持されます。

体温

脳血管障害の後には高熱を出す可能性があるので、体温は38.0℃以下に保ちます。

呼吸

脳に十分な酸素を送ることが大切になるので、呼吸の回数やリズムなどを観察し、酸素が少なくなってきた場合は酸素投与が行われます。

経験者はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

【体験談】「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気