よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の後遺症の回復・改善のための漢方療法

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~回復・改善方法~

漢方

脳梗塞の後遺症には、漢方の利用も効果的であるといわれています。西洋医学である病院の治療と漢方を併用することで、病院の治療だけよりも予後が改善されたという報告も。漢方は、それのみで後遺症が改善するというものではもちろんありませんが、根本的な原因にアプローチができ、後遺症の症状回復や再発予防にも効果が期待できます。

脳梗塞後遺症の漢方治療

脳梗塞発症後の治療方法は、病院での治療・処方薬・リハビリが必須となります。

その中で併用を考えたいのが漢方です。漢方だけで治療というわけには当然いきませんが、病院の治療を行いながら漢方薬を服用することで、予後が良好だったという研究結果も発表されています。

少数例ではあるものの、急性期脳梗塞に対する治療に関して漢方薬を併用することは、患者の神経学的症状の改善に大きく貢献する可能性が示された
木元博史「急性期脳梗塞に対する漢方薬併用14例の検討」http://www.wakan-iyaku.gr.jp/wp-content/uploads/pdf/20030205_060621175020.pdf

漢方が脳梗塞の後遺症に効果的な理由は、次の4つの効能が期待できるためです。

  • 血管を拡張させる
  • 血液をさらさらにする
  • 血管内の血栓を溶かす
  • 赤血球の変形を改善する

これらの効能によって、脳梗塞の再発を予防するとともに、血流を改善させて後遺症を改善に導きます。

また、脳梗塞では中枢神経にダメージを負うこともありますが、漢方は中枢神経を改善させる働きもあるといわれています。

後遺症によく用いられる漢方

脳梗塞の後遺症改善のためによく使用される漢方は、代表的なものに、補陽還五湯、続命湯、疎経活血湯、五苓散、丹参製剤の5つがあります。 これらの漢方は一つずつ効能は異なりますが、血行改善効果を持つものが多くなっています。血行を促進することで脳に十分な血液を行き渡らせ、後遺症を軽減させる効果が期待できます。 また、脳梗塞再発や脳浮腫予防に効果的な漢方もあります。

補陽還五湯 (ほようかんごとう)

効能 脳梗塞後の筋力低下や麻痺、血行不良、言葉のもつれ、尿もれ
配合生薬 当帰、芍薬、川弓、桃仁、紅花、黄耆、地竜

主となる生薬は黄耆で、気と血液の流れを改善する効能があるといわれています。麻痺や言語障害だけではなく、筋力低下や疲れやすいなどの症状にも効果的なので、後遺症が重くない方にもおすすめです。ただし、意識がはっきりしないとき、高熱が出ているときは使用しないでください。脳に出血が見られるときも同様です。

続命湯 (ぞくめいとう)

効能 手足の麻痺、言葉のもつれ、うつ症状、むくみ
配合生薬 人参、甘草、杏仁、麻黄、桂皮、生姜、石膏、当帰、川芎

主となる生薬は当帰、川芎、桂皮。この3つの生薬は血流を改善する効果があり、麻痺や言葉のもつれなどに効果的だといわれています。それに加えて麻黄と石膏による利尿作用でむくみを改善して、血流改善をサポートします。人参と甘草、生姜は栄養吸収の促進と運動機能向上。杏仁は言葉のもつれに効果が期待できます。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)

効能 血行不良、痛み、しびれ、拘縮、視床痛、むくみ
配合生薬 当帰、芍薬、熟地黄、蒼朮、牛膝、陳皮、桃仁、威霊仙、川弓、防己、羌活、防風、白止、竜胆草、茯苓、生姜、甘草

東洋医学で体全体の健康を司るといわれる経路の流れと、血液の流れを改善させます。麻痺やしびれだけではなく、関節のこわばりである拘縮にも効果が期待できるので、身体機能不全全般に役立ちそうです。ただし体の弱い人は他の漢方が良いでしょう。

五苓散(ごれいさん)

効能 利尿作用、発汗促進
配合生薬 沢瀉、猪苓、白朮、茯苓、桂枝

主に体内の水分バランスを整える漢方ですが、実は脳浮腫の予防に効果的だと考えられています。脳浮腫は脳梗塞後に引き起こされることが多い疾患ですが、東洋医学で考えると、体内に水毒が溜まることが原因だといわれています。そのため、尿や汗として体内の水分を排出させる五苓散は、脳浮腫予防に最適です。最初に紹介した研究でも、五苓散をメインに服用しています。

丹参製剤(たんじんせいざい)

効能 血行不良、血行障害による疾患、血管を強化する
配合生薬 丹参、芍薬、川弓、紅花、木香、香附子

主に血液の流れを改善する効能がある漢方です。血行改善と血管の強化によって、脳梗塞や心筋梗塞など血管障害による疾患の予防ができるので、脳梗塞再発予防に最適です。また、血行改善は麻痺や脳機能障害を改善するためにも大切なので、再発予防を行いながら、後遺症改善にも効果が期待できます。

経験者はどのように立ち向かったのか

事例は異なりますが、脳梗塞に立ち向かった先輩方や、その御家族がどんな取り組みをされていたのかを知ることはとても大切です。脳梗塞で倒れ、現在は復帰してプロスカウトをされている、元プロ野球選手の「柏原純一」さんと奥様の体験談をご紹介いたします

【体験談】「自分が脳梗塞になるとは思ってなかった…」
元プロ野球選手の柏原純一さんが脳梗塞から立ち直るまで >>

当サイトについて

当サイトは、「よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi」編集部が管理・運営する情報サイトです。脳梗塞の方やそのご家族に向け、お役立ちできる情報をできる限り分かりやすくまとめております。掲載コンテンツは、信憑性の高い情報を元にオリジナルの記事を掲載しております。
また、当サイトのご活用に関しましては自己責任のうえ、当サイトでは責任を負いかねますことをご了承ください。

よくわかる脳梗塞の予防・治療Naviについて

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気