よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の後遺症・神経障害

脳梗塞の後遺症の1つ、神経障害について解説。

脳梗塞の後遺症を乗り越えるために~症状と対策法~

神経障害

脳は全身すべての器官の動きや感覚を司っているので、脳梗塞などの脳血管障害によって機能を失ってしまうと、手足にはケガや問題がなくとも運動や感覚に障害が出てしまいます。。

神経障害

症状と対策

この状態を神経障害と言いますが、この中にもいくつか種類があり、脳のどの部分に梗塞が起きたかによって、感覚麻痺や視野の欠損など、様々な種類の症状が表れます。
ここでは、神経障害の中でも、感覚障害と視覚障害、嚥下(えんげ)障害、排尿障害について取り上げて解説します。

感覚障害

感覚障害は、手や足の感覚が鈍ってしまい、触感や温度の変化などを感じにくくなってしまう障害です。この症状を、『常に手袋や靴下をはいているような感覚』と表現する方もいます。症状が重い場合は、物に触ったり、ぶつかったりしても気が付かないこともありますし、熱いものや冷たいものに触ってもその変化が分かりません。ぶつかってケガをしたり、熱いものに触ってやけど負ったりしていても、その痛みにすら気が付かなくて、ケガの発見が遅れてしまう、といったこともあるそうです。

その他にも、常に手足がしびれるような感覚や違和感が続く、といった症状を訴えるケースもあります。

いずれにしても、両手両足に麻痺が表れるケースもありますが、片半身の手や足、口などにのみ症状が表れる「片麻痺」が多いと言われています。

視覚障害

視覚障害は大きく2種類に分類できます。

ひとつは、目の周りの筋肉の動きに障害が出てしまったため、左右の目の視点にズレが生じ、物が二重に見えたりブレたりしてしまう、といった運動障害。もうひとつは、目の周辺の筋肉や機能には異常がないのに、脳で視覚情報を上手く処理できないために視野が欠けてしまう視覚障害です。

視野の欠損は主に、左右どちらか半分だけの視野が欠けてしまうか、もしくは左右どちらかの視野のうち、下半分かまたは上半分のみ(視界の4分の1)が欠けるケースが多いとされています。

嚥下障害

手や足への運動障害と同様に、顔面の表情や口、舌の動きにも障害が出ることがあります。

そもそも、私たちが食べ物や飲み物を飲み込む嚥下運動は、口と舌、口蓋や喉などの器官をタイミングよく連動させることで成り立っているものです。脳の中で口周辺の器官を司っている部分に障害が起きると、それぞれの器官をスムーズに動かすことができなくなり、嚥下行為自体が難しいものとなってしまいます。このように、食べ物や飲み物を上手く飲み込むことができなくなり、むせや誤飲が多くなってしまうことを、嚥下(えんげ)障害と言います。

嚥下障害が起こると、食事に手間や時間がかかり生活に支障をきたすだけでなく、誤飲による肺炎を引き起こすなど、ほかの問題もはらんでいます。

排尿障害

脳梗塞の後遺症として代表的な症状と言えば、片側の半身麻痺がよく挙げられますが、それと同様に高い確率で起こりやすいのは排尿障害だと言われています。

排尿障害は、自分の意志で排尿したいと思うときにできない、我慢したいのに我慢できない、といった症状が出るそう。尿意をもよおしてからトイレへ行く間も間に合わない…といった事態が起こりやすく、患者自身もお世話をする家族にとっても、難しい問題となります。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気