よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳梗塞の後遺症

知っておきたい、脳梗塞の後遺症について解説しています。

脳梗塞の後遺症を
乗り越えるために

脳梗塞の後遺症と上手く付き合い、上手に克服するヒント

脳梗塞の多くは一度発症すると後遺症を抱えるケースが多くみられます。一度失われた機能は回復しないため、後遺症とは一生付き合っていかなければなりません。後遺症がどのくらい残るか、どの部分に発生するかは、脳梗塞が起きた際に、脳のどの部分が損傷を受けたかによって変わります。脳の損傷部位が少なく、脳梗塞発症後も後遺症を抱えずに済む人がいる一方で、重度の障害を負いリハビリでも完全に回復しない人がいるのも事実です。

しかし、脳梗塞の後遺症があったとしても、リハビリを続けることで日常生活や調節がしやすくなり、不自由なく生活できる程度まで改善させることは可能です。大切なことは、脳梗塞の後遺症を受け入れ、生活のなかの問題点や不自由となることを把握し改善していくことです。脳梗塞のリハビリは早期に開始するほど効果が高いと言われています。後遺症を受け入れずリハビリの開始が遅くなれば、本来回復できる機能も失ってしまうかもしれません。

また、たとえ回復の見込みがなくとも、残された機能で不自由なく生活を送るための訓練は必要です。理学療法士や家族と協力して社会復帰を果たす患者さんもたくさんいます。まずは自分や家族に起こった後遺症の状態を把握し、前向きにリハビリに取り組むことが重要です。そのためにも、後遺症について基本的な知識を押さえておきましょう。

後遺症との向き合い方

回復と予防という観点から後遺症と向き合う

ナース

リハビリで回復に努める

脳梗塞のリハビリは「急性期」「回復期」「維持期」といった、症状の段階に合わせて行う必要があります。継続的におこなうことで、発症前とほぼ変わりのない生活を送ることができるケースも珍しくはありません。

後遺症を少しでも改善させるためにも、また後遺症を悪化させないためにも、適切なリハビリに取り組むことが重要です。

再発予防は後遺症と向き合う第一歩

リハビリによる機能回復と並行して行うべきことが、再発を予防すること。脳梗塞発症から10年以内の再発率は50%にも及び、回復と再発を同時におこなうことが後遺症と向き合っていく上で重要となるのです。

そこで気を付けるべきポイントが「活性酸素の除去」です。血流が止まっている場所で放出され、細胞にダメージを与える活性酸素は、再発の大きな要因のひとつとなるのです。

活性酸素を効果的に除去する「大豆発酵エキスNT」

代表的な活性酸素は4種類あり、その全てを除去することができる唯一の健康成分が「大豆発酵エキスNT」です。原料は大豆と納豆菌のみなので人体への影響も心配なく、脳梗塞再発の原因となる活性酸素を除去することができます。

後遺症と向き合っていく中で、必ずあなたの強い味方となる大豆発酵エキスNTについて、もっと詳しく見てみましょう。

大豆発酵エキスNT

脳梗塞の後遺症の種類

神経障害詳しくはこちら

神経障害

脳梗塞の後遺症でメインとなるのが神経障害です。脳は体のあらゆる器官と神経でつながっています。一度損傷して機能を失うと回復は難しく、さまざまな部位に神経障害が起きてしまいます。

障害の特徴と対応

感覚障害

手足の感覚が鈍くなり、温度変化を感じにくくなります。物にぶつかっても気が付かず、火傷やけがもわかりにくいため、治療が遅れるリスクがあります。

視野障害

目の筋肉に問題が生じ視点がずれて二重に見える障害や、片側のみ(もしくは4分の1)の視野が欠けてしまうものがあります。住み慣れた家でも物にぶつかりやすくなるため、退院後も注意が必要です。

嚥下障害

口の周りの筋肉をつかさどる神経に障害が出て、食べ物や飲み物を飲み込めなくなります。食べたときや飲んだときにむせやすく、気道に異物が入り込み誤嚥性肺炎を起こしやすい状態です。

排尿障害

自分の意思で排尿をコントロールできず、排尿したくてもできない、我慢したいのに我慢できなくなります。排尿の際にも勢いが弱く、尿を出すのに力が必要な場合や、すべて出し終わるのに時間がかかる障害も出てきます。

運動障害

脳の前頭葉や頭頂葉は運動や感覚をつかさどる部分であり、脳梗塞により損傷が起きてしまうと、運動障害が起きます。脳梗塞の障害で多いのが片側麻痺で、損傷した脳とは反対側の手足に問題が出ます。

言語障害

脳幹や脳幹につながる神経線維に損傷を受けた場合、発音ができなくなることがあります。声を発することができないだけで、周りの人とコミュニケーションをとること自体は可能です。

疼痛性障害

神経や感覚には問題がないのに、痛みを感じる障害です。筋肉痛のような痛みが続くケースや、強い痛みが出るケースもあります。実際に痛みやしびれはないのに、患者さん本人は痛みを訴えるというのが特徴です。

片麻痺、半身麻痺

体の左右どちらかが麻痺し、全く、もしくは少ししか動かせなくなる障害です。動かない手足は骨が弱くなり、筋肉も固まっていきます。リハビリである程度は改善されますが、麻痺が残れば杖や車いすなどが必要です。

高次脳機能障害詳しくはこちら

高次脳機能障害

記憶力や注意力に関する部位に障害を負うことで、感情をうまくコントロールできない、相手の言葉を理解できないなど、日常生活に困難が生じます。神経麻痺とは異なり、周囲の理解が得られにくいのも問題です。

障害の特徴と対応

記憶障害

過去のことが思い出せない、また新しくものを覚えることが難しくなります。軽度であれば最近のことだけを忘れますが、重度となれば直前の記憶も困難になり、自分の覚えている話しかできません。

注意障害

集中力を持続できず、複数の仕事ができなくなります。多くの場合、15分以上集中力が続きません。脳の損傷とは反対側となる部分を見落とし、脳の右側に損傷を受けた場合には、左だけ食事を残したり、ぶつかったりする症状が出ることもあります。重度になると左側を見ることさえできなくなります。

行動障害

計画が立てられず、何度も同じ失敗を繰り返します。重度になると相手の会話や指示がわからず、1つの物事に固執するケースもあります。

失行症

日常生活の動作がぎこちなくなり、ペンで文字が書けない、歯磨きができないなどの問題が生じます。

失語症

人の名前や色がわからず、知っているはずの言葉が出てきません。本人や家族も障害を理解するまでに時間がかかり、精神的に負担が大きい障害です。

言語障害

相手の言っていることが理解できず、自分の言いたいことを伝えられません。症状が進行すると文字が書けなくなり、話すこともできなくなります。

精神的症状詳しくはこちら

精神的症状

脳梗塞を発症後、感情のコントロールが難しくなる場合や、夜間せん妄や認知症・うつ病などの合併症を伴うこともあります。そのため、周囲の人から「性格が変わってしまった」と思うほど行動や性質が変化することがあります。

障害の特徴と対応

感情障害

感情をうまくコントロールできず、突然怒ったり泣き出したりします。思ったことをすぐに口に出してしまう、自分勝手なことを言うなど、行動が子供っぽくなる特徴があります。この障害がもとで周囲の人とのトラブルに発展する恐れもあるため、注意が必要です。

うつ病

脳梗塞の後遺症に精神的なショックを受け、うつ病の合併症を発症しやすくなります。脳の損傷によってうつ症状が出る場合もあります。

夜間せん妄

夕方から夜にかけ、意識障害が出ます。幻覚や幻聴が現れ、夜中に歩き回ったり、言葉が不自然になったりします。環境が変わったことによるストレスも影響しており、一時的なことが多いです。

認知症

脳の問題がある部分と、それ以外の正常な部分との差が大きく、一部のみに症状が出るのが特徴です。よくなったり悪くなったりを繰り返し、その日のなかでも変化があります。

後遺症を残さないためには

肩・ひじの回復

まずはひじに力を入れて曲げましょう。その後は肩を回してひじを真上に上げ、どの方向にも腕やひじを動かします。人によっては回復が非常に遅い可能性もありますが、リハビリを止めると関節が固まるため、毎日関節を動かし続けてください。

手・指の回復

指を開いたり閉じたりしやすくするマッサージを行って、なめらかに動かせるようにしましょう。5本まとめて開いたり閉じたりはできますが、1本ずつ動かすには長い時間が必要です。指で丸を作れるようになれば、ほとんどの日常行動を送れるようになるでしょう。

下肢・下半身の回復

杖や装具など、歩行を補助する道具があります。そのため極端に筋力が落ちない限りは十分歩けるようになるのです。回復の度合いによって装具を変える必要があるため、どれほど歩けるようになったかは必ずチェックしてください。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気