よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

若年性脳梗塞の原因と症状

若年性脳梗塞の原因や症状について解説しています。

脳梗塞と深い関係のある さまざまな病気

基礎知識若年性脳梗塞

若年性脳梗塞は、文字通り45歳以下の若い世代で起こる脳梗塞。年齢が若いというだけではなく、発症原因にも特徴があると言われています。この若年性脳梗塞について、症状の特徴や原因、治療や後遺症について解説していきます。

<特徴>働き盛りを突然襲う脳梗塞

近頃、アナウンサーやタレントなどが、40代や50代という若い年齢で脳梗塞を発症して話題となったのをご存知の方も多いでしょう。このようなケースを特に若年性脳梗塞といい、徐々に患者が増えているそうです。

40代や50代というと、男性も女性も働き盛りで充実した日々を送っている世代。そんな若い方が発症する脳の病気と聞くと、真っ先にくも膜下出血を イメージしがちですが、脳梗塞の危険性も高まっているのだとか。若年性脳梗塞は、年配の方の場合とは症状や原因が少し異なっているケースが多いと言われて います。

<原因>動脈硬化以外にも考えられる

高齢の方の場合、脳梗塞の発症原因として一番に考えられるのは、動脈硬化などの血管障害。高血圧や糖尿病などの生活習慣病によって長年プラークがたまった血管に詰りが起きてしまうものです。

しかし、若年性脳梗塞の場合は、生活習慣病を起因とする脳梗塞で引き起こされるケースのほかに、特殊な病気を原因としている場合があるのだとか。例 えば、脳の動脈が狭まったり閉塞したりしてしまうことによって、毛細血管が異常に拡張する「もやもや病」という病気があり、これを罹患(りかん)している と毛細血管が詰まりやすいので脳梗塞を発症する危険性が高いそうです。

ほかにも、「抗リン脂質抗体症候群」など、血液が固まりやすくなる病気にかかっている場合は、若い人でも血栓を起こしやすく、脳梗塞のリスクが高ま ります。さらに、脳の血管の内側が傷つくことで起こる脳動脈解離や、膠原(こうげん)病なども脳梗塞を引き起こすことがあります。

さらに、スポーツ中の事故などで、首や頭に衝撃が加わったことによって脳の血管に異常が起こるケースも考えられます。

<症状>一時的な発作が予兆

抗リン脂質抗体症候群やもやもや病などを原因とする若年性脳梗塞の場合は、脳梗塞の前兆とも言える一過性脳虚血発作を起こすことが多いと言われています。

一過性脳虚血発作は、突然起きた血栓や一時的な血管の閉塞によって、脳梗塞と同じような症状が数分から数十分程度だけ起こるもの。血栓が溶けたり、移動して血流が再開したりすると、症状がすぐになくなるのが特徴で、治ったと勘違いして軽視してしまう人も多いようです。

しかし、この発作の後で本格的な脳梗塞を発症する可能性が極端に高く、発作後48時間は特に注意が必要だとされています。

普段、コレステロール値や血圧などに異常がなく、健康だと思っている若い方も、一過性脳虚血発作をきっかけに抗リン脂質抗体症候群などの病気が見つかることもあり、油断できません。

ほんの数分で治まったとしても、体の半身麻痺やしびれなどの感覚障害、ろれつが回らないなどの異常が表れたら、すぐに脳神経外科を受診しましょう。

<予防>脳梗塞同様、重要なのは血流

若年性脳梗塞の予防法は、基本的には脳梗塞と同じです。まずは食生活や生活習慣を見直し、血流を悪くしないよう、健康的な体づくりを目指しましょう。

脂肪や塩分の多い食事を避け、血流を改善する食品を積極的に摂るようにしてください。適度に水分を摂ることも有効です。生活面においては、ストレス をため込まないようにし、睡眠不足や運動不足にも注意してください。飲酒や喫煙も若年性脳梗塞発症のリスクを高めますので、なるべく控えましょう。

一般的に、若年性脳梗塞は突発的に生じるというイメージがありますが、前兆があることも多い病気です。体の小さな不調を、ストレスのせいなどと見逃さず、少しでもおかしいと感じたら早めに診察を受けましょう。

脂質の摂取量を抑える

脂っこいものを摂取していると肥満が促進されメタボリックシンドロームを発症します。血液中に中性脂肪が増え、脳梗塞の大きな要因でもある動脈硬化のリスクを高めることになるので注意しましょう。お肉を食べるときには、モモ肉やヒレ肉など脂肪分の少ない部位を選ぶのがおすすめです。

毎朝血液を測る

高血圧で血管に負荷がかかっている状態が続くと、動脈硬化が進み脳梗塞を引き起こしやすくなります。毎日血圧をチェックすることで予防していきましょう。測る時間は起床後1時間以内の朝食前が理想的。正常値は65歳未満の場合130/85mmHgになります。高血圧気味のときは減塩と運動で改善をはかってください。

血糖値を標準値に保つ

糖尿病になると脳梗塞を引き起こしやすくなるので、血糖値が高くなりすぎないように気をつけることも脳梗塞予防になります。血糖値を抑えるには有酸素運動や標準カロリーに抑えた食事を心がけたり、よく噛んでゆっくり食べるようにすると有効です。定期的に血糖値をチェックし、HbA1c値6.5%未満、空腹時血糖値130mg/dl未満を保つようにしましょう。

適度に運動する

動脈硬化のリスクが高まる肥満を改善するためには、食事制限だけでなく適度な運動を行なうことが大切です。運動不足の人は1日8,000~1万歩を目標にウォーキングを続けてみてください。

アルコールを控える

一定量を超えたアルコールの摂取は血圧を向上させるため、脳梗塞のリスクを高めてしまいます。ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合までにとどめておきましょう。少量のアルコールなら血管を拡張させ血流を促進してくれる効果があるので、上手に摂取できると理想的です。

タバコをやめる

タバコに含まれるニコチン・タール・一酸化炭素は身体にとってとても有害な物質。全身の血管を収縮させてしまい、高血圧や動脈硬化を引き起こします。非喫煙者に比べて発症率が2~4倍にも高まるというデータも。禁煙に努めましょう。

以下のリンク先にて脳梗塞の予防法を詳しく解説しています。若年性脳梗塞の不安がある方も、参考にしてみてくださいね。

一番効果的な方法は?脳梗塞の再発予防の方法をチェックする

<前兆>FASTで初期症状をチェック

脳梗塞は命に関わる危険な病気で、発見が遅れたことによって後遺症が残ってしまうケースも多くあります。早期発見のためには脳梗塞の前兆であるTIA(一過性脳虚血発作)を見逃さないことが大切。TIAかどうかを確認する「FAST」というチェック方法を把握しておきましょう。

Face(顔の麻痺)

顔の感覚がなくなりうまく動かせなくなります。「イー!」と声を出しながら、微笑みを作るように口角を上げてみましょう。片方の口角が上がっていなければTIAの疑いがあります。また、片目の目が見えなくなるといった症状が起こることも。

Arm(腕の麻痺)

突然、腕の力が入らなくなり持っていたものを落としてしまったり、物を掴めなくなってしまったりすることがあります。両腕をまっすぐ伸ばし、手のひらを上にして肩の高さまで上げてみてください。そのまま目をつぶり10秒キープできればセーフ。片側の腕が下がってきてしまったらTIAの疑いがあります。

Speech(ことばの障害)

ろれつが回らなくなり言葉がうまく発せられなくなります。短い文章を声に出して、きちんと話せるか確認してみましょう。「太郎が花子にりんごをあげた」など内容はなんでもOKです。言葉につまったり内容がおかしくなってしまう場合はTIAの疑いがあるでしょう。

Time(時間)

脳梗塞の治療は時間との勝負。上記にあげたFASのチェック方法が1つもクリアできなかった場合、迷わず救急車を呼びましょう。すぐに脳神経科を受診する必要があります。

<体験談>実際に若年性脳梗塞を経験した人の体験談

はじめは左手のちょっとした違和感でした

33歳のころ突如脳梗塞を発症しました。最初の症状は左腕が急に重くなるといったもの。以前にも同じような感覚になったことがあったし、腕枕でもして痺れたのかなと軽く考えていました。しかし、時間が経つと左足まで動かしにくくなってきて、歩行が困難に。意地で会社に行きましたが左手が完全に動かない状態になり、仕方なく病院に行きました。最初の症状があらわれてから7時間以上もたった頃のことです。

病院での診断は脳梗塞!薬で治せる時間は過ぎていました

病院に行くと医師から脳梗塞を宣告されました。左半身が動かしにくい以外は元気だったのですが、すぐに集中治療室へお世話になることに。脳の血管が詰まって血が流れなくなったことで細胞の一部が死んでしまい、対応する左半身に麻痺が出たそうです。医師から聞いた話では、発症から4時間以内だったら薬で詰まりを解消でき、後遺症が残らず済んだ可能性があるとのことでした。

1ヶ月半にも及ぶリハビリ生活がスタート

死んでしまった細胞は元に戻せないようですが、人間の身体には失った細胞を補おうとする働きが備わっているのだそうです。症状の悪化を防ぐためにも、麻痺を改善するためにもすぐにリハビリが始まりました。麻痺している左側のトレーニング、言語や記憶のチェック、脳トレなどが主です。一ヶ月半みっちりリハビリして、左半身はなんとか日常生活ができるレベルにまで回復!無事退院となりました。

再発しやすいので退院後も気が抜けません

私は利き手と逆側の手が麻痺したのでまだダメージは少なかったですが、点滴は痛いしカテーテル検査は精神的疲労が大きいし、薬のせいで体がダルい日が多くて大変でした。脳梗塞は発症から1年間は再発の可能性が非常に高い病気なのだそうです。両親にもたくさん心配をかけたし、今後は不摂生を改めていくつもりです。

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気