よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

若年性脳梗塞の原因と症状

若年性脳梗塞の原因や症状について解説しています。

脳梗塞と深い関係のある さまざまな病気

基礎知識若年性脳梗塞

若年性脳梗塞は、文字通り45歳以下の若い世代で起こる脳梗塞。年齢が若いというだけではなく、発症原因にも特徴があると言われています。この若年性脳梗塞について、症状の特徴や原因、治療や後遺症について解説していきます。

<特徴>働き盛りを突然襲う脳梗塞

近頃、アナウンサーやタレントなどが、40代や50代という若い年齢で脳梗塞を発症して話題となったのをご存知の方も多いでしょう。このようなケースを特に若年性脳梗塞といい、徐々に患者が増えているそうです。

40代や50代というと、男性も女性も働き盛りで充実した日々を送っている世代。そんな若い方が発症する脳の病気と聞くと、真っ先にくも膜下出血を イメージしがちですが、脳梗塞の危険性も高まっているのだとか。若年性脳梗塞は、年配の方の場合とは症状や原因が少し異なっているケースが多いと言われて います。

<原因>動脈硬化以外にも考えられる

高齢の方の場合、脳梗塞の発症原因として一番に考えられるのは、動脈硬化などの血管障害。高血圧や糖尿病などの生活習慣病によって長年プラークがたまった血管に詰りが起きてしまうものです。

しかし、若年性脳梗塞の場合は、生活習慣病を起因とする脳梗塞で引き起こされるケースのほかに、特殊な病気を原因としている場合があるのだとか。例 えば、脳の動脈が狭まったり閉塞したりしてしまうことによって、毛細血管が異常に拡張する「もやもや病」という病気があり、これを罹患(りかん)している と毛細血管が詰まりやすいので脳梗塞を発症する危険性が高いそうです。

ほかにも、「抗リン脂質抗体症候群」など、血液が固まりやすくなる病気にかかっている場合は、若い人でも血栓を起こしやすく、脳梗塞のリスクが高ま ります。さらに、脳の血管の内側が傷つくことで起こる脳動脈解離や、膠原(こうげん)病なども脳梗塞を引き起こすことがあります。

さらに、スポーツ中の事故などで、首や頭に衝撃が加わったことによって脳の血管に異常が起こるケースも考えられます。

<症状>一時的な発作が予兆

抗リン脂質抗体症候群やもやもや病などを原因とする若年性脳梗塞の場合は、脳梗塞の前兆とも言える一過性脳虚血発作を起こすことが多いと言われています。

一過性脳虚血発作は、突然起きた血栓や一時的な血管の閉塞によって、脳梗塞と同じような症状が数分から数十分程度だけ起こるもの。血栓が溶けたり、移動して血流が再開したりすると、症状がすぐになくなるのが特徴で、治ったと勘違いして軽視してしまう人も多いようです。

しかし、この発作の後で本格的な脳梗塞を発症する可能性が極端に高く、発作後48時間は特に注意が必要だとされています。

普段、コレステロール値や血圧などに異常がなく、健康だと思っている若い方も、一過性脳虚血発作をきっかけに抗リン脂質抗体症候群などの病気が見つかることもあり、油断できません。

ほんの数分で治まったとしても、体の半身麻痺やしびれなどの感覚障害、ろれつが回らないなどの異常が表れたら、すぐに脳神経外科を受診しましょう。

<予防>脳梗塞同様、重要なのは血流

若年性脳梗塞の予防法は、基本的には脳梗塞と同じです。まずは食生活や生活習慣を見直し、血流を悪くしないよう、健康的な体づくりを目指しましょう。

脂肪や塩分の多い食事を避け、血流を改善する食品を積極的に摂るようにしてください。適度に水分を摂ることも有効です。生活面においては、ストレス をため込まないようにし、睡眠不足や運動不足にも注意してください。飲酒や喫煙も若年性脳梗塞発症のリスクを高めますので、なるべく控えましょう。

一般的に、若年性脳梗塞は突発的に生じるというイメージがありますが、前兆があることも多い病気です。体の小さな不調を、ストレスのせいなどと見逃さず、少しでもおかしいと感じたら早めに診察を受けましょう。

以下のリンク先にて脳梗塞の予防法を詳しく解説しています。若年性脳梗塞の不安がある方も、参考にしてみてくださいね。

一番効果的な方法は?脳梗塞の再発予防の方法をチェックする

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気