よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

脳動脈解離の原因と症状

脳動脈解離の原因や症状について解説しています。

脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気

基礎知識脳動脈解離

40代を中心に、若い人でも発症する可能性が高いとされている脳動脈解離について、発症する原因や症状の特徴、なぜ脳梗塞やくも膜下出血を引き起こすのか、危険なポイントについて解説しています。

<原因>高血圧が血管を傷つける

脳の血管は3層構造になっており、一番内側で血液に接しているのが内膜、その次に中膜、ほかの組織と接している外膜の3つで構成されています。

脳動脈解離は、内側の内膜の部分が何らかの衝撃を受けて傷ついてしまい、裂け目ができた状態のこと。血管の内側のケガのようなものです。内膜が裂け てしまうと、内膜と中膜の間に血液が入り込んでしまうそう。これによって、軽い頭痛や首の痛みなどが起こることがありますが、特にこれ自体では重篤な症状 はありません。

内膜が裂けてしまう理由は、いくつかの説がありますが、高血圧による衝撃が大きな原因なのではないか、というのが有力です。

<後遺症>脳梗塞やくも膜下出血を引き起こすことも

脳動脈解離は、ケガと同じように、ひどいものでなければ自然に治癒してしまいます。一時的に頭痛などが起こることがありますが、裂け目の部分は自然に塞がって元の血流に戻ることがほとんどです。

しかし、自然治癒できなかった場合は裂け目が広がって、内膜が内側へめくれ上がったような状態になることもあります。すると、血液の通り路はめくれた内膜によって蓋をされてしまい、血流が阻害されてしまいます。これが原因で脳梗塞を発症することがあるのです。

また、内膜と中膜の間に入り込んだ血液がさらに中膜も破ってしまうと、内膜と外膜の間に血液が入り込んで、血管の外側が膨らんできてしまうそう。こ うしてできた、ぷっくりとコブのように膨らんだ部分、解離性動脈瘤と呼びますが、これはかなり危険な状態。外膜が何かの衝撃で破れれば、くも膜下出血を引 き起こすのです。

<症状>片頭痛と区別がつかないことも

初期の脳動脈解離は、年齢に関係なく起こりやすい疾患で、40代を中心に若い方でも発症すると言われています。軽いものなら自然治癒しますし、初期症状も軽い頭痛や首の痛み程度ですので、慢性的に片頭痛のある方などは気が付きにくいかもしれません。

しかし、自然治癒されないまま内膜の裂け目が広がると、血管の内部を狭めてしまって脳梗塞へと移行します。その前兆として、片麻痺やしびれ、感覚麻痺などが起こってしまうこともあるのです。

<治療>まずは外科で診察を

脳動脈解離が進行すると、解離性動脈瘤を形成してしまいます。こうなると、いつ破裂してくも膜下出血を起こすか分かりませんので、すぐに外科的な治療を行うことになります。

主な治療法は、血管の裂け目の部分から出血させないように血管を閉じてしまうこと。長い間この方法がベストだとされてきましたが、この治療自体が脳 梗塞を引き起こすのでは?という懸念もあります。そこで、最近では血管を閉じてしまうのではなく、柔らかくて小さな筒のようなものを、血管の裂け目の部分 に入れる治療法が開発されています。

<予防>高血圧を改善し血管の劣化を防ぐ

脳動脈解離は、事故による衝撃など外部的要因で起こることの多い病気。しかし、脳内の血管がもろくなっている場合には、些細な衝撃でも脳動脈解離を引き起こしやすくなるため、日ごろからの予防も重要です。

具体的には、高血圧に注意しましょう。血圧が高いと血管を圧迫してしまい、血管が傷つきやすくなるためです。

塩分の多い食事や、コレステロールの高い食事を避け、血圧を上げないよう、気を付けてください。また、血流を良くする食品を摂ったり、適度な水分補給を行うことも効果的です。

脳の血管を健康に保つことは、脳梗塞の予防にも非常に有効。下のリンク先にて、脳にまつわる様々な病気を予防する方法を解説していますので、実践してみてくださいね。

一番効果的な方法は?脳梗塞の再発予防の方法をチェックする

今日からはじめよう!脳梗塞の再発予防
Symptoms 知っておきたい脳梗塞の種類とその症状
Diseases 脳梗塞と深い関係のあるさまざまな病気